健康食品・サプリメントの泉

マンノース

明治、大正の詩人で評論家の大町桂月(おおまちけいげつ)は「岩崎弥太郎伝」を書き上げて1万円(現在の約600万円?)の稿料をもらいました。

ある夜、友人たちを料亭に招いて「初めて人間並みの稿料をもらってので……」といいました。

すると、経済学者で東京帝大教授の和田垣謙三(わだがきけんぞう)は「せっかくのご馳走だから牛飲馬食しよう。今夜は人間扱いしてくれるな」といいました。

牛馬志願ですか。

それもいいでしょう。

でも、あとはダイエットしないとね。

ダイエットにはマンノースを含んだグルコマンナンがいいと思いますよ。

マンノースとは

マンノースはセミノース、カルビノースとも呼ばれるヘキソース、つまり六炭糖の一種で多くの場合、糖タンパク質や多糖類を構成する単糖です。

マンノースは甘みと苦みを持っていて、エネルギー源としてはブドウ糖果糖よりははるかに劣りますが、ガラクトースとほぼ同程度体内で解糖系に組み込まれて利用することができます。

多糖類であるグルコマンナンはブドウ糖とマンノースから構成されていますし、マンノースはアルブミン、グロブリン、ムコタンパク質などの糖タンパク質の構成糖でもあります。

なお、糖タンパク質は糖とタンパク質が結合したもので、多糖類は単糖類が複数結合したものです。

マンノースの代謝

マンノースは同じ単糖類のブドウ糖のように生体内でエネルギー源として利用されることはあまりありません。

それはマンノース単体で自然界に存在するものは少なく、グルコマンナンのようにブドウ糖など他の単糖類と結合して存在するものが多いからです。

グルコマンナン自体は体内の消化酵素では消化・吸収できない食物繊維になりますので、マンノースとしては利用することができません。

しかし、腸内細菌にはグルコマンナンをブドウ糖とマンノースに分解するものがあり、少量がマンノースとして体内で解糖系で利用されると考えられています。

このように、体内で利用されるマンノースは少量であり、しかもラットの実験によれば小腸からの吸収速度はブドウ糖の約19%しかないとの報告があります。

経口で摂取された場合、マンノースの大部分は尿中に速やかに排出されるとされています。

また、以前はマンノースは消化・吸収されたあと、肝臓においてブドウ糖に変換されると考えられていました。

しかし、マンノースは実際にはブドウ糖に変換されることなく、体内で直接、解糖系で各器官で利用されていることがわかってきました。

この場合、マンノースの消化・吸収される量が少なく、速やかに排出されるため、血糖値に明らかな影響がないとされています。

グルコマンナン

グルコマンナンはコンニャクマンナンとも呼ばれるこんにゃくの主成分で食物繊維の1つです。

グルコマンナンは化学的には単糖類のブドウ糖とやはり単糖類のマンノースがだいたい2対3の割合で結合したものです。

グルコマンナンはアミラーゼなどのデンプン消化酵素では分解できず、またの中で水分を吸い、何十倍にもふくれあがるためダイエット用によく使われます。

グルコマンナンの効能としては、ダイエット、便秘の解消、コレステロール値の改善、糖尿病の予防の効能が期待できます。

マンノースのまとめ

マンノースはセミノース、カルビノースとも呼ばれるヘキソース、つまり六炭糖の一種で多くの場合、糖タンパク質や多糖類を構成する単糖です。

マンノースは甘みと苦みを持っていて、エネルギー源としてはブドウ糖や果糖よりははるかに劣りますが、ガラクトースとほぼ同程度体内で解糖系に組み込まれて利用することができます。

マンノースはブドウ糖のように体内でエネルギー源として利用されることはあまりありません。

グルコマンナン自体は体内の消化酵素では消化・吸収できない食物繊維になりますので、マンノースとしては利用することができません。

しかし、腸内細菌にはグルコマンナンをブドウ糖とマンノースに分解するものがあり、少量がマンノースとして体内で解糖系で利用されると考えられています。

このように、体内で利用されるマンノースは少量であり、しかもラットの実験によれば小腸からの吸収速度はブドウ糖の約19%しかないとの報告があります。

経口で摂取された場合、マンノースの大部分は尿中に速やかに排出されるとされています。

また、以前はマンノースは消化・吸収されたあと、肝臓においてブドウ糖に変換されると考えられていました。

しかし、マンノースは実際にはブドウ糖に変換されることなく、体内で直接、解糖系で各器官で利用されていることがわかってきました。

この場合、マンノースの消化・吸収される量が少なく、速やかに排出されるため、血糖値に明らかな影響がないとされています。

なお、健康食品やサプリメントとしての青汁はあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ