健康食品・サプリメントの泉

ダイオキシン

相対性理論で有名なアインシュタインは浴用の石けんで顔を剃りました。

ひげ剃り用のシャボンを使うように夫人がすすめましたが、彼は断りました。

「ごめんだね。石けんを2種類も使うと、人生は複雑になりすぎる」

いやいや、相対性理論の方がずっと複雑なのではありませんかとツッコミたくなりますね。

ダイオキシンの環境問題も2種類の石けんを使わないというくらい、簡単な理論で解決できたらいいのですが…。

ダイオキシンとは

ダイオキシンはポリ塩化ジベンゾパラジオキシン(PCDD 75種)とポリ塩化ジベンゾフラン(PCDF 135種)を総称した名称です。

ダイオキシンは毒性が強く分解されにくい化合物で、皮膚や内臓に障害を起こし、催奇形性・発ガン性があるものがたくさんあります。

日常生活においては塩素を含む薬剤、漂白剤などの使用やプラスチックや食品トレイを燃やすことよって発生します。

そのため、ゴミの焼却の灰、製紙の汚泥、自動車の排ガスなどに含まれ、環境汚染を引き起こしています。

ダイオキシンの性質

ダイオキシンは水に溶けにくく、油脂にはよく溶け、自然には分解しにくいのですが、紫外線により分解することがあります。

ダイオキシンを分解するには800℃以上の高温で完全燃焼させなければなりません。

300℃程度の低温で燃焼させますと再合成されてしまいます。

ダイオキシンの中でも最も毒性が強い2・3・7・8四塩化ジベンゾパラジオキシンの致死量は、体重1kgのモルモットに換算して0.0006㎎で、青酸カリの1万倍の毒性があります。

環境問題とダイオキシン

ダイオキシンはベトナム戦争(1965〜1975年)でアメリカ軍が使った枯葉剤に多く含まれていました。

そして、ベトナムでは多くの胎児奇形の原因であると報告されたほか、高い発ガン性が認められました。

また、1976年のイタリアのミラノ郊外のセベソの化学工場での爆発事故による土壌汚染もダイオキシンが大問題になりました。

アメリカの化学工場系廃棄物による土壌汚染や都市部の産業跡地、いわゆるブラウンフィールドの問題などでもダイオキシンは問題となっています。

また、欧米各国や日本においてもゴミ焼却施設の飛び散った灰からのダイオキシンの検出によって、環境問題として注目されています。

ダイオキシンのまとめ

ダイオキシンはポリ塩化ジベンゾパラジオキシン(PCDD 75種)とポリ塩化ジベンゾフラン(PCDF 135種)を総称した名称です。

ダイオキシンは毒性が強く分解されにくい化合物で、皮膚や内臓に障害を起こし、催奇形性・発ガン性があるものがたくさんあります。

日常生活においては塩素を含む薬剤、漂白剤などの使用やプラスチックや食品トレイを燃やすことよって発生します。

そのため、ゴミの焼却の灰、製紙の汚泥、自動車の排ガスなどに含まれ、環境汚染を引き起こしています。

なお、健康食品やサプリメントとしての青汁はあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは食べる前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ