健康食品・サプリメントの泉

大臀筋

「ふるさとは遠きにありて思ふもの…」の詩で有名な大正、昭和の詩人、室生犀星(むろうさいせい)の夫人は20年以上も病床についたままで、室生犀星よりも先に亡くなりました。

その時、室生犀星は悲しんで「まるで学校の先生が死んだようだ。その学校には生徒は私1人しかいない学校だった……」といいました。

生徒1人の学校ですか。

室生犀星夫人はいろいろなことで室生犀星の師でもあったのでしょうね。

しかし、20年も病床にあったとはね。

それでは治癒しても、大臀筋やハムストリングスなどの筋肉も衰えて、日常生活はできなかったでしょうね。

大臀筋とは

大臀筋(だいでんきん)とは尻の表層にある大きな最大で厚さ3㎝ほどもある筋肉です。

大臀筋は骨盤の仙骨(せんこつ)と腸骨(ちょうこつ)から大腿骨(だいたいこつ)につながっています。

そして、大臀筋をおおう皮膚の皮下脂肪も厚くなっていて尻の膨らみを形成しています。

大臀筋の働き

大臀筋ハムストリングスともつながり、股関節を屈曲・伸展するほか、内外に開く、左右に回す動作をおもに行っています。

そのため、大臀筋は歩く、走る、跳ぶなどの日常生活で使う動作のすべてに関わっています。

また、大臀筋は姿勢を正しく保つことにも関係していますので、腰痛にも深く関わっています。

椎間板ヘルニア

腰椎(ようつい)の椎間板ヘルニアは腰椎の椎間板(ついかんばん)の外殻の硬い繊維輪(せんいりん)に亀裂が生じ、柔らかい中身の髄核(ずいかく)が繊維輪から外へふくれてもれてしまう疾患です。

外殻の硬い繊維輪からふくれて漏れた髄核が神経などを圧迫することにより、腰などの激しい痛みや脚などのしびれなどの症状を引き起こします。

大臀筋を鍛え、正しい姿勢で動作を行うことによって椎間板ヘルニアを予防することや治療後のリハビリテーションを行うことができます。

なお、腰椎は腹筋、背筋、腸腰筋(ちょうようきん)、大臀筋、大腿四頭筋(だいたいしとうきん)、ハムストリングスの筋肉群で支えられ、動作を行っています。

腹筋と腸腰筋は腹筋運動、背筋は背筋運動、大臀筋と大腿四頭筋、ハムストリングスはスクワットなどで鍛えることができます。

大臀筋のまとめ

大臀筋(だいでんきん)とは尻の表層にある大きな最大で厚さ3㎝ほどもある筋肉です。

大臀筋は骨盤の仙骨(せんこつ)と腸骨(ちょうこつ)から大腿骨(だいたいこつ)につながっています。

そして、大臀筋をおおう皮膚の皮下脂肪も厚くなっていて尻の膨らみを形成しています。

大臀筋はハムストリングスともつながり、股関節を屈曲・伸展するほか、内外に開く、左右に回す動作をおもに行なっています。

そのため、大臀筋は歩く、走る、跳ぶなどの日常生活で使う動作のすべてに関わっています。

また、大臀筋は姿勢を正しく保つことにも関係していますので、腰痛にも深く関わっています。

なお、健康食品やサプリメントとしてのグルコサミンを含む健康食品やサプリメントはあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ