健康食品・サプリメントの泉

心筋

「半獣神の午後」などを書いた19世紀のフランスの詩人マラルメの詩は難解で有名でした。

あるとき、ある人がマラルメに彼の詩の解釈を頼んだことがあります。

するとマラルメは「自分でいろいろさぐって見たまえ。すると最後にはエロ文が見つかるよ。それが君の手に入れられる報酬だ」といいました。

懸賞クイズみたいなものですか。

頼む方もですが、頼まれる方もたいした心臓をしていますね。

マラルメの心臓には毛が生えているとか、心筋の量もふつうの2倍あるとか。

心筋とは

心筋(しんきん)とは心臓の左右の心室や心房の壁を構成している筋肉です。

心筋が収縮・拍動して血液を全身に送りだしています。

心筋は受精後、2週間ほどして拍動を始め、その後、その人間が誕生してから終生、死ぬまで拍動を続けます。

筋肉には骨格筋のような横紋筋や腸、血管などにある平滑筋がありますが、心筋は横紋と呼ばれる横の縞模様をもっていますし、平滑筋のように意思に関係なく動きます。

心筋は構造上が横紋筋、機能上が平滑筋という横紋筋と平滑筋の中間の性質を持った筋肉です。

心筋の構造

心筋は筋繊維が枝わかれしてお互いに網状に連なっていて、一定の間隔をおいて繊維を横断して細胞の境界になる介在板または光輝線と呼ばれる横線があります。

心臓の横紋筋は細胞が介在板という組織でつながれ心筋繊維と呼ばれる構造体となって、縦に接合し、細胞柱をつくっています。

この細胞柱は何回も分岐し、全体として網目構造になっていて、筋繊維の網目構造の中は毛細血管がいっぱい通っています。

心筋の心房筋と心室筋は心房と心室の境界にある線維輪によって分離され、心房は内層と外層、心室は内層、中層、外層にわかれています。

とくに左心室の中層筋がよく発達していて、全身に血液を送る役目を果たしています。

横紋筋

横紋筋は横紋と呼ばれる横の縞模様があり、随意に動かせる筋肉で、骨格筋や随意筋(ずいいきん)とも呼ばれます。

横紋筋は赤く見えるので赤筋ともいう遅筋とすばやい収縮に適しているとされていて白く見えるので白筋ともいう速筋の2種類の筋繊維から構成されています。

遅筋はミオグロビンというタンパク質の含有量が高く、おもに脂質をエネルギー源としていて姿勢の維持などに重要な筋肉です。

速筋はミオグロビン含有量が相対的に低く、すばやい収縮に適していますが、ブドウ糖などの糖質をエネルギー源としていますので、短時間のうちに消費してしまい、長い間力をだし続けると疲労して力をだせなくなってしまいます。

心筋のまとめ

心筋(しんきん)とは心臓の左右の心室や心房の壁を構成している筋肉です。

心筋が収縮・拍動して血液を全身に送りだしています。

筋肉には骨格筋のような横紋筋と胃や腸、血管などにある平滑筋がありますが、心筋は横紋をもっていますし、平滑筋のように意思に関係なく動きます。

心筋は構造上が横紋筋、機能上が平滑筋という横紋筋と平滑筋の中間の性質を持った筋肉です。

なお、健康食品やサプリメントとしてのグルコサミンを含む健康食品やサプリメントはあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ