健康食品・サプリメントの泉

EGF

10世紀ごろのイランの国民的詩人フィルダウスィーは建国以来の歴史を大叙事詩「シャー・ナーメ(王の書)」に詠み、マハムード王に献じました。

しかし、30年もかけて書いた叙事詩への王の報酬があまりに少ないのに怒って、故郷に帰ってしまいました。

後になって王はその叙事詩の真価を認め、多額の黄金をフィルダウスィーに贈りました。

ところが、その黄金を積んだラクダが彼の家の門までつくと、家の中から彼の棺(ひつぎ)がでてきました。

時すでに遅しというわけですね。

ところで、「お肌」の手入れも若いうちからやっておかないと時すでに遅しということになります。

たとえ、EGFのような優れた成分を配合した高級化粧品を使っても、年をとってからでは効能もあまり期待できないものとなります。

EGFとは

EGF(Epidermal Growth Factor)とはヒトオリゴペプチド-1のことで、上皮成長因子の別名がある皮膚のターンオーバーと呼ばれる新陳代謝に関係するタンパク質です。

皮膚の角質層にはEGF受容体があり、皮膚の新陳代謝を促進するほか、唾液(だえき)や母乳などにも多く含まれています。

EGFの効能

EGFは皮膚表面の新陳代謝の活性化を促し、表皮細胞の成長を促進させる働きがあります。

また、EGFには皮膚などの血行をよくして、コラーゲンの蓄積を促す働きもあります。

もともと、EGFは発見された当初、火傷による皮膚移植や、角膜切開による傷の回復促進など医療分野での利用が目的でした。

EGFの美容目的での利用は皮膚の上皮細胞の成長を促進することによる、シミやソバカスの解消という効能にありました。

EGFの副作用

EGFは皮膚の角質層にある受容体と結びつくことによって新しい細胞の成長を促進するという働きがあります。

もともとEGF自体は人間の身体に自然に備わっているものです。

それの不足分を補い、皮膚の新陳代謝を促進するのが化粧品の目的です。

では、もし皮膚にEGFを含む化粧品を大量に塗るとどうなるでしょう?

受容体が上皮細胞の不必要な分裂や増殖を引き起こすでしょうか?

その心配はありません。

受容体にはEGFが細胞内で飽和状態になると余分なEGFを受け入れることができなくなります。

ということで、安全な皮膚の新陳代謝を促す有効成分ということでEGFは厚生労働省から配合が2005年に許可されています。

EGFのまとめ

EGF(Epidermal Growth Factor)とはヒトオリゴペプチド-1のことで、上皮成長因子の別名がある皮膚のターンオーバーと呼ばれる新陳代謝に関係するタンパク質です。

皮膚の角質層にはEGF受容体があり、皮膚の新陳代謝を促進するほか、唾液(だえき)や母乳などにも多く含まれています。

EGFは皮膚表面の新陳代謝の活性化を促し、表皮細胞の成長を促進させる働きがあります。

また、EGFには皮膚などの血行をよくして、コラーゲンの蓄積を促す働きもあります。

もともと、EGFは発見された当初、火傷による皮膚移植や、目の角膜切開による傷の回復促進など医療分野での利用が目的でした。

EGFの美容目的での利用は皮膚の上皮細胞の成長を促進することによる、シミやソバカスの解消という効能にありました。

なお、サプリメントとしてのグルコサミンはあくまでも、サプリメントですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ