健康食品・サプリメントの泉

胃炎

紀元前5世紀ごろの古代中国の孔子(こうし)は思想家であり、哲学者でもあり、儒家の始祖です。

その孔子を子圉(しぎょ)という男が宋(そう)の宰相に紹介しました。

その後、宰相に感想を尋ねると「立派な男だ。あの男に会ったのちは君などノミかシラミに見える。宋君に紹介しようと思う」といいました。

すると、子圉は「およしなさい。今度はあなたがノミかシラミに見えます」

孔子は立派すぎて、孤高の人だったのですね。

周りの人間はアインシュタインの相対性原理よろしく、低く見えるわけですね。

孔子本人はそうは思っていなくても、周りの人間からすれば孔子はストレスですよね。

周りの人間はストレスから胃炎になったりして。

胃炎とは

胃炎(いえん)はの粘膜の炎症で、急性胃炎と慢性胃炎にわけることができます。

急性胃炎は暴飲暴食や食物の異常、強いストレスなどが原因であることが多く2~3日で回復します。

慢性胃炎は胃潰瘍(いかいよう)や十二指腸潰瘍(じゅうにしちょうかいよう)の前段階として起こります。

慢性胃炎は緩慢で持続的な経過をたどります。

胃炎の症状

急性胃炎は胃が重い、みぞおちが痛い、食欲不振、吐き気などの症状があらわれます。

急性胃炎は重症化すると吐血や血便が生じることがあります。

慢性胃炎は胃もたれや胃痛、胸焼け、げっぷなどの症状が継続します。

慢性胃炎は重症化すると胃潰瘍に進行しますが、原因はピロリ菌であることが多くあります。

胃炎の検査はX線検査、内視鏡による胃カメラ検査、便・吐物検査、胃液検査などを行います。

急性胃炎は食事療法として絶食から半流動食、通常食事というふうに症状に応じて食事を変える療法を行います。

慢性胃炎は胃液の分泌を抑える薬物療法や消化の良い食物を摂取する食事療法が中心となります。

慢性、急性とも胃炎は激辛香辛料が厳禁で、アルコールタバコも控えることが大切です。

ピロリ菌の感染が確認された場合は、抗生物質と胃酸抑制剤を服用します。

ピロリ菌はヘリコバクター・ピロリという螺旋(らせん)型のグラム陰性微好気性細菌です。

胃潰瘍とは

胃潰瘍とは胃から分泌される消化液の胃液に含まれる胃酸によって胃の内壁が傷つき、粘膜や胃の内壁の一部が失われる疾患です。

胃の内壁が傷つくと痛みや不快な症状を感じるほか、疾患の進行によっては出血して吐血や血便がでる下血(げけつ)、穴があく穿孔(せんこう)、腹膜炎などが起きます。

胃潰瘍の検査方法は造影剤のバリウムを飲んでのX線検査、内視鏡による胃カメラ検査があり、どちらもふつうは苦痛をともなう検査です。

しかし、胃潰瘍は放っておくと、ガンができて胃ガンになることもあります。

生命には代えることができませんので、身に覚えのある方はあきらめてちゃんと検査を受けましょう。

なお、原因、症状や進行具合などにより胃潰瘍の治療法にはいろいろな治療法があります。

たとえば、ストレスなどの原因の除去、薬物療法、嗜好習慣の見直し、食事療法、吐血などがある場合の内視鏡などを使用した手術療法などがあります。

胃潰瘍の治療法のほとんどは内服剤での薬物療法となっていて、手術療法まですることは今では少なくなっています。

近年、胃潰瘍の原因としては胃の粘膜に棲息しているピロリ菌が大きな原因としてあげられるようになってきました。

このピロリ菌による胃の炎症は胃炎から胃潰瘍、胃ガンにまで進行することもあります。

日本人の場合、40歳以上の方の半分以上がピロリ菌に感染しているといわれています。

それは親から子への口移しの食事や未整備の上下水道が原因であるといわれていますが詳しくはよくわかっていません。

しかし、1〜2週間ほどの抗菌剤と胃酸抑制剤の経口投与で胃のピロリ菌を約85%の除菌率で除菌することができます。

しかも、この薬物療法は保険の適用ができます。

地域にもよりますが、3,000円ほどですむそうです。

胃炎のまとめ

胃炎(いえん)は胃の粘膜の炎症で、急性胃炎と慢性胃炎にわけることができます。

急性胃炎は暴飲暴食や食物の異常、強いストレスなどが原因であることが多く2~3日で回復します。

慢性胃炎は胃潰瘍(いかいよう)や十二指腸潰瘍(じゅうにしちょうかいよう)の前段階として起こります。

慢性胃炎は緩慢で持続的な経過をたどります。

胃炎の検査はX線検査、内視鏡による胃カメラ検査、便・吐物検査、胃液検査などを行います。

急性胃炎は食事療法として絶食から半流動食、通常食事というふうに症状に応じて食事を変える療法を行います。

慢性胃炎は胃液の分泌を抑える薬物療法や消化の良い食物を摂取する食事療法が中心となります。

慢性、急性とも胃炎は激辛香辛料が厳禁で、アルコールやタバコも控えることが大切です。

ピロリ菌の感染が確認された場合は、抗生物質と胃酸抑制剤を服用します。

なお、健康食品やサプリメントとしてのにんにくはあくまでも、健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ