健康食品・サプリメントの泉

十二指腸潰瘍

「進化論」を書いた19世紀の自然科学者チャールズ・ダーウィンは最初、医師を志望しました。

しかし、当時は麻酔も行わずに手術をしていましたので、ダーウィンは手術患者の泣き叫び、苦しむさまを見ていることができませんでした。

それで、ダーウィンは手術室から逃げだし「僕はとうてい医師になれない」とあきらめてしまいました。

ダーウィンは手術を人間の命を救う医術と割り切ることができなかったのですね。

それなら、外科医ではなく胃潰瘍や十二指腸潰瘍を治す内科医という選択肢も今ならあったでしょうが…。

ダーウィンが医師になっていたら、「進化論」は書けなかったのでしょうか。

日本でも似たような話があります。

iPS細胞で2012年度のノーベル生理学・医学賞を受賞した山中伸弥教授もそうですね。

国立大阪病院整形外科で整形外科医として勤務しましたが、整形外科医としての腕は3流以下でした。

奈良先端科学技術大学院大学、京都大学などで研究者の道に入って成功したということです。

人間には向き不向きということがあるということですね。

十二指腸潰瘍とは

十二指腸潰瘍(じゅうにしちょうかいよう)とは十二指腸の粘膜がただれ、穴があいて出血を起こす疾患です。

十二指腸潰瘍はに近い部分に多く見られ、空腹時、とくに夜間にお腹の上の部分に痛みを感じることが多くあります。

そのほか、吐き気、胸やけなどを生じる場合があり、穴があいている場合は激痛が起こります。

穴から消化中の食べ物が流れだして炎症を起こした場合、すぐに手術を行わないと生命に関わるケースもあります。

十二指腸潰瘍の原因

十二指腸潰瘍の直接の原因は胃から分泌される胃酸で、ストレス、食事、タバコ、薬剤などの影響により、胃酸が十二指腸の粘膜を溶かすことによるものです。

十二指腸の粘膜は胃とくらべて酸に弱いため、胃酸の分泌が多いと傷つきやすくなります。

また、ピロリ菌が十二指腸潰瘍の大きな原因となっていると考えられています。

胃潰瘍や十二指腸潰瘍の約95%がピロリ菌に感染しているといわれています。

十二指腸潰瘍を治療するには症状に合わせて胃酸の分泌を抑える薬剤や粘膜を守る薬剤を投与します。

ピロリ菌に感染している場合は除菌剤を使います。

また、十二指腸潰瘍の潰瘍から出血している場合は内視鏡による止血を行います。

十二指腸潰瘍になってしまったら、安静にして、タバコ、アルコール、熱いものや辛いものなどの刺激の強い食べ物を避け、消化のよいものを食べるようにすることが大切です。

ピロリ菌

ピロリ菌はヘリコバクター・ピロリという螺旋(らせん)型のグラム陰性微好気性細菌です。

ピロリ菌は胃の中に好んで棲み着き、胃の壁を傷つけますが、胃の中は強い酸性で、細菌は棲めないと思われていたため、1983年まで発見されませんでした。

ピロリ菌という名前は胃の出口、幽門を意味するラテン語ピロルスからきています。これはピロリ菌が幽門から初めて見つかったことによるものです。

ピロリ菌は慢性胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍になる原因です。

つまり、ピロリ菌さえ除菌してしまえば、胃や十二指腸の疾患になる確率は大幅に下がるとされています。

ストレスで胃が痛くなりやすいのも大腸ガンを併発しやすいのも、胃ポリープもピロリ菌が原因であるといわれています。

ピロリ菌の感染が慢性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍の原因であることはほぼ確実のようで、胃ガンの発生にも深く関連しているといわれています。

とくに胃ガン患者の80%以上がピロリ菌の感染者であるとの報告もされています。

この菌は食べ物や飲み物から感染しやすく、衛生状態の悪い時代に生まれ育った高齢者を中心に50代以降の保持者は70%以上に達します。

しかし、ピロリ菌の保菌者が必ず胃潰瘍や十二指腸潰瘍を発症するわけではなく、感染した方の5%が疾患を発症しています。

ピロリ菌の除菌は抗生物質と胃酸の分泌を抑える薬剤を1週間服用することで行いますが、保険適用ができるようになりましたので誰でも気軽に除菌できるようになりました。

十二指腸潰瘍のまとめ

十二指腸潰瘍(じゅうにしちょうかいよう)とは十二指腸の粘膜がただれ、穴があいて出血を起こす疾患です。

十二指腸潰瘍は胃に近い部分に多く見られ、空腹時、とくに夜間にお腹の上の部分に痛みを感じることが多くあります。

そのほか、吐き気、胸やけなどを生じる場合があり、穴があいている場合は激痛が起こります。

穴から消化中の食べ物が流れだして炎症を起こした場合、すぐに手術を行わないと生命に関わるケースもあります。

十二指腸潰瘍の直接の原因は胃から分泌される胃酸で、ストレス、食事、タバコ、薬剤などの影響により、胃酸が十二指腸の粘膜を溶かすことによるものです。

十二指腸の粘膜は胃とくらべて酸に弱いため、胃酸の分泌が多いと傷つきやすくなります。

また、ピロリ菌が十二指腸潰瘍の大きな原因となっていると考えられています。

ピロリ菌の除菌は抗生物質と胃酸の分泌を抑える薬剤を1週間服用することで行いますが、保険適用ができるようになりましたので誰でも気軽に除菌できるようになりました。

なお、健康食品やサプリメントとしてのにんにくを含む健康食品やサプリメントはあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ