健康食品・サプリメントの泉

アナフィラキシー

明治の政治家で官僚の前島密(まえじまひそか)はつねづね、大久保利通(おおくぼとしみち)を上官として敬っていました。

しかし、碁を打つときだけはまるで人間が変わって、大久保利通を激しくののしり、果ては碁盤をひっくり返したりしました。

そして、大久保利通も負けずに碁石を投げ合い、果ては取っ組み合いまでしました。

それではまるで、「ジキル博士とハイド氏」のようですね。

「ジキル博士とハイド氏」は19世紀のイギリスの小説家ロバート・ルイス・スティーヴンソンが書いた小説です。

善人であるジキル博士は薬物を飲んで、悪人ハイド氏に変身してしまいます。

それも姿かたちだけではなく、性格も一変してしまいます。

ところで、君子は豹変すとは徳の高い人物は過ちに気がつくと直ちにそれを改め、正しい道に戻ることをいいます。

また、状況によって態度や考えを急に変えることもいいます。

前島密と大久保利通の場合も後者の意味で、君子は豹変すということができますか。

豹変といえば、ジキル博士が薬物を飲んだとき、苦しみだして、悪人ハイド氏に変身しますが、あれもアナフィラキシーなのかも。

アナフィラキシーとは

アナフィラキシーは特定のアレルゲン、つまり抗原により引き起こされた、極めて短い時間にでる全身性のアレルギー反応です。

アナフィラキシーの多くは、異種タンパク質、ハチ毒や医薬品などの薬物などを注射など非経口的に生体内に取り込んだときに起こりやすいものです。

しかし、アナフィラキシーの起因物質に強く反応する場合では、経口、経皮、あるいは気管から起因物質が入れば起こり得ます。

アナフィラキシーが原因で死亡した重症例の心停止までの平均時間は、薬物で5分、ハチ毒が15分、食物では30分といわれています。

アナフィラキシーの症状

アナフィラキシーの症状は全身の皮膚、粘膜、呼吸器、消化器、循環器など複数の臓器に現れます。

アナフィラキシーの症状としては蕁麻疹(じんましん)、紅斑(こうはん)、呼吸困難、目眩(めまい)、腹痛、下痢、意識障害などがあります。

皮膚などの症状はアナフィラキシーの最初の症状であることが多く、8~9割に生じるといわれています。

アナフィラキシーによっては血圧の低下や意識障害などを引き起こし、場合によっては生命を脅かす危険な状態になることもあります。

アナフィラキシーのうち血圧が下がってショック状態に陥り、生命に危険な状態になったものがアナフィラキシーショックです。

アナフィラキシーショックは基本的には血管が拡張し、血管の透過性が亢進されるため、血漿(けっしょう)成分が漏れでて血圧が低下することによります。

アナフィラキシーの対策

アナフィラキシーはアレルギー反応ですので、アナフィラキシーにならないためには、アレルギー反応を起こさないことが基本です。

そのためには、アレルゲンの特定、アレルゲンの忌避を行うことによってアナフィラキシーを予防します。

とはいっても、細心の注意を払ってもアレルゲンを避けることができない場合があります。

その場合は、皮膚の異常感などを感じたらすぐに、病院に行って受診します。

すぐに病院に行けない場合は、アドレナリンの商品名であるエピネフリンの注射キットを用意しておきます。

そして、アナフィラキシーが起きたら、即自分でエピネフリンを太ももに注射してアナフィラキシーによる危険状態を避けるようにします。

詳しくはアレルギー専門医の診断や指示に従ってください。

アナフィラキシーのまとめ

アナフィラキシーは特定のアレルゲン、つまり抗原により引き起こされた、極めて短い時間にでる全身性のアレルギー反応です。

アナフィラキシーの多くは、異種タンパク質、ハチ毒や医薬品などの薬物などを注射など非経口的に生体内に取り込んだときに起こりやすいものです。

アナフィラキシーの症状は全身の皮膚、粘膜、呼吸器、消化器、循環器など複数の臓器に現れます。

アナフィラキシーの症状としては蕁麻疹(じんましん)、紅斑(こうはん)、呼吸困難、目眩(めまい)、腹痛、下痢、意識障害などがあります。

皮膚などの症状はアナフィラキシーの最初の症状であることが多く、8~9割に生じるといわれています。

アナフィラキシーのうち血圧が下がってショック状態に陥り、生命に危険な状態になったものがアナフィラキシーショックです。

アナフィラキシーはアレルギー反応ですので、アナフィラキシーにならないためには、アレルギー反応を起こさないことが基本です。

そのためには、アレルゲンの特定、アレルゲンの忌避を行うことによってアナフィラキシーを予防します。

すぐに病院に行けない場合は、アドレナリンの商品名であるエピネフリンの注射キットを用意しておきます。

そして、アナフィラキシーが起きたら、即自分でエピネフリンを太ももに注射してアナフィラキシーによる危険状態を避けるようにします。

詳しくはアレルギー専門医の診断や指示に従ってください。

なお、健康食品やサプリメントとしてのにんにくはあくまでも、健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ