健康食品・サプリメントの泉

メニエール病

19世紀のドイツの政治家であり、学者・詩人でもあるカール・ヴィルヘルム・フォン・フンボルトは妻のカロリーネに38年間毎日百行詩を書いて贈りました。

そればかりか、彼女の死後6年間、やはり1日も休まず百行詩を書いて彼女の墓に載せました。

至高の愛ですね。

でも、何だかねえ。

しつこい、鬱陶(うっとう)しいと思うのは私だけでしょうか。

カロリーネさんはストレスからメニエール病になっていたりして。

メニエール病とは

メニエール病とは視界がグルグル回る、激しい回転性の目眩(めまい)と低音が聞こえにくくなる難聴、耳鳴り、耳閉感の4症状が同時に起こる症状を繰り返す内耳の疾患です。

低音の聞こえだけが悪くなり、強い回転性の目眩(めまい)がないものについてはメニエール病でも蝸牛型(かぎゅうがた)メニエール病と呼ばれています。

メニエール病は厚生労働省の調査によれば30代後半から40代前半の女性に多い疾患です。

メニエール病は厚生労働省の難病である特定疾患に指定されていますが、医療費の自己負担の軽減のための助成金の対象疾患ではありません。

なお、メニエール病の疑いと診断されても実際はメニエール病でない疾患が多く報告されていますので、きちんと耳鼻咽喉科で診断してもらいましょう。

メニエール病の症状

メニエール病は目眩(めまい)、難聴、耳鳴り、耳閉感がする4つのの発作的症状が特徴です。

目眩(めまい)は突発的に起きて、視界がグルグル回る、立つこともできないほどの激しい回転性があり、数十分以上続きます。

また、耳鳴りがして、低音域が聞き取りにくくなる難聴が起こる、耳閉感がある、4つの症状が同時に起こります。

その他、吐き気、嘔吐、冷や汗、顔面蒼白、動悸、寒気などの症状もいっしょに起こすことがあります。

その症状がいったんおさまってもまた、数日から数か月の感覚で繰り返します。

メニエール病の原因は内耳の内リンパ水腫で、内リンパ水腫によって前庭と蝸牛(かぎゅう)の感覚細胞が障害されることによります。

前庭と蝸牛の感覚細胞が障害されることにより、突発的で激しい回転性の目眩(めまい)、耳鳴り、難聴などの蝸牛障害症状が起こります。

内リンパ水腫が生じる原因は不明ですが、心因的なストレスによるものが関わっているようです。

メニエール病の診断と治療

メニエール病は耳鼻咽喉科の診療科目で、検査は聴力検査、グリセリンを飲むグリセロール検査、眼振検査、平衡機能検査、頭部MRI、頸部X線検査、血液検査など多岐にわたります。

メニエール病の治療は基本的には薬物療法で、内リンパ水腫の軽減のために利尿剤、炎症の軽減のためにステロイド剤、ビタミンB12、ストレスの軽減のために精神安定剤などの投与を行います。

メニエール病は難治性で、早期の治療が必要ですが、目眩(めまい)発作時に吐き気をともなうことが多いので、内服剤の投与ができない場合は注射や点滴が行われます。

メニエール病のまとめ

メニエール病とは視界がグルグル回る、激しい回転性の目眩(めまい)と低音が聞こえにくくなる難聴、耳鳴り、耳閉感の4症状が同時に起こる症状を繰り返す内耳の疾患です。

メニエール病は厚生労働省の調査によれば30代後半から40代前半の女性に多い疾患です。

メニエール病は厚生労働省の難病である特定疾患に指定されていますが、医療費の自己負担の軽減のための助成金の対象疾患ではありません。

メニエール病の原因は内耳の内リンパ水腫で、内リンパ水腫によって前庭と蝸牛(かぎゅう)の感覚細胞が障害されることによります。

メニエール病は耳鼻咽喉科の診療科目で、検査は聴力検査、グリセリンを飲むグリセロール検査、眼振検査、平衡機能検査、頭部MRI、頸部X線検査、血液検査など多岐にわたります。

メニエール病の治療は基本的には薬物療法で、内リンパ水腫の軽減のために利尿剤、炎症の軽減のためにステロイド剤、ビタミンB12、ストレスの軽減のために精神安定剤などの投与を行います。

メニエール病は難治性で、早期の治療が必要ですが、目眩(めまい)発作時に吐き気をともなうことが多いので、内服剤の投与ができない場合は注射や点滴が行われます。

メニエール病の疑いと診断されても実際はメニエール病でない疾患が多く報告されていますので、きちんと耳鼻咽喉科で診断してもらいましょう。

なお、健康食品やサプリメントとしてのにんにくを含む健康食品やサプリメントはあくまでも健康食品であって、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ