健康食品・サプリメントの泉

ビタミンB1

ある男が発心をして妻と別れ山にこもり、草根木皮ばかりで生命をつなぎました。

民衆は感心して木阿弥(もくあみ)とか木食上人(もくじきしょうにん)とか彼をよんで敬いました。

ところが、男が年をとるにつれて寂しくなり、やがて山を下りて、また妻と一緒に住みました。

すると、民衆ははあきれてもとの木阿弥と彼をののしったそうです。

まあ、年をとると人間、気が弱くなりますし、草根木皮ばかりじゃ、栄養失調になりますよね。

それに、ビタミンB1も不足して脚気になっていたのでは?

ビタミンB1とは

ビタミンB1はチアミン、サイアミン、アノイリンとも呼ばれる水溶性ビタミンです。

ビタミンB1は脚気(かっけ)という疾患を予防する成分として1910年に鈴木梅太郎によって米糠(こめぬか)から抽出されました。

ビタミンB1は糖質および分岐脂肪酸を分解・代謝します。

ビタミンB1は体内では消化酵素などの各種の酵素の補酵素として働く中間物質に変換されます。

また、ビタミンB1は神経の伝達に関与するため、不足すると脚気や神経炎などになります。

ビタミンB1を含む食材

ビタミンB1玄米や酵母、豚肉、胚芽、豆類に多く含まれています。

昔の日本人は玄米をよく食べていましたが、ビタミンB1の総摂取量の半分を玄米から摂取していたといわれています。

なお、白米にも玄米の7分の1程度のビタミンB1が含まれています。

ビタミンB1を含む食物においては調理するときに多く失われ、食物中に含まれる全体量のうち半分から3分の1は失われています。

ビタミンB1は水溶性なので素材をあまり水にさらさない方がよく、米を磨ぐときは手早く少ない水で行う方がよいとされています。

ビタミンB1の効能

にんにくやタマネギにはアリシンという糖質の分解を促進するビタミンB1の効能を高める成分があります。

にんにくやタマネギとビタミンB1を多く含む食材、豚肉などといっしょに食べることで、疲労回復や体力増強に効能が期待できます。

アリシンは豚肉などに含まれるビタミンB1と結びついて体内に吸収しやすいアリチアミンに変わります。

ビタミンB1は重労働や疾患にかかっている場合に多量に必要になります。

ビタミンB1の体内での貯蓄量は非常に少なく、吸収効率も高くないため、疾患のときなどや腸が弱っているときには吸収しきれないことがあります。

その場合はビタミンB1を薬剤やサプリメントなどで摂取する必要があります。

ビタミンB1は水溶性であるため、過剰に摂取しても問題はありません。

過剰に摂取されたビタミンB1はすぐに尿の中に排泄されてしまいます。

ビタミンB1のまとめ

ビタミンB1はチアミン、サイアミン、アノイリンとも呼ばれる水溶性ビタミンです。

ビタミンB1は脚気(かっけ)という疾患を予防する成分として1910年に鈴木梅太郎によって米糠(こめぬか)から抽出されました。

ビタミンB1は糖質および分岐脂肪酸を分解・代謝します。

ビタミンB1は体内では神経の伝達に関与するため、不足すると脚気や神経炎などになります。

にんにくやタマネギにはアリシンという糖質の分解を促進するビタミンB1の効能を高める成分があります。

にんにくやタマネギとビタミンB1を多く含む食材、豚肉などといっしょに食べることで、疲労回復や体力増強に効能が期待できます。

ビタミンB1は重労働や疾患にかかっている場合に多量に必要になります。

ビタミンB1の体内での貯蓄量は非常に少なく、吸収効率も高くないため、疾患のときなど胃や腸が弱っているときには吸収しきれないことがあります。

その場合はビタミンB1を薬剤やサプリメントなどで摂取する必要があります。

ビタミンB1は水溶性であるため、過剰に摂取しても問題はありません。

過剰に摂取されたビタミンB1はすぐに尿の中に排泄されてしまいます。

なお、健康食品やサプリメントとしてのにんにくを含む健康食品やサプリメントはあくまでも健康食品であって、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ