健康食品・サプリメントの泉

GABA(ギャバ)

古代ギリシャの哲学者プラトンはいろいろの少年を恋したと伝えられています。

その1人で天文学を一緒に勉強したアステルに贈ったプラトンの恋歌。

「アステルよ。君は星をみつめる。ああ、僕は空になりたい。たくさんの星ので、君を見るために」

ぷっと吹きだしたくなるような恋歌ですね。

いやあ、あのプラトンがね。

まあ、恋愛は男性でも女性でも頭に血が上って見さかいがなくなりますからね。

そんなときは、GABA(ギャバ)を含む、米の胚芽でも摂取して冷静になりましょうか。

GABA(ギャバ)とは

GABA(ギャバ)はgamma-aminobutylic acidのことで、中枢神経系に生じる、γ(ガンマ)-アミノ酪酸(らくさん)というアミノ酸の一種です。

GABA(ギャバ)タンパク質を構成するアミノ酸ではありませんが、人間を含む多くの動物の体内で神経伝達物質として働きます。

また、GABA(ギャバ)は植物ではジャガイモの根茎、トマトの塊茎(かいけい)、マメ科植物の根粒(こんりゅう)や米の胚芽などに含まれています。

GABA(ギャバ)の働き

GABA(ギャバ)はタンパク質ではありませんが、の中枢神経系にグルタミン酸から合成されます。

GABA(ギャバ)はアドレナリンの働きを抑制し、神経の興奮を抑えて、正常な働きに戻す抑制系の神経伝達物質です。

GABA(ギャバ)を含む食物を摂取するとアドレナリンの分泌が抑えられ、血圧が下がり、高血圧脳梗塞(のうこうそく)や脳内出血などの脳卒中の予防に効能が期待できます。

GABA(ギャバ)のまとめ

GABA(ギャバ)はgamma-aminobutylic acidのことで、中枢神経系に生じる、γ(ガンマ)-アミノ酪酸(らくさん)というアミノ酸の一種です。

GABA(ギャバ)はタンパク質を構成するアミノ酸ではありませんが、人間を含む多くの動物の体内で神経伝達物質として働きます。

GABA(ギャバ)はアドレナリンの働きを抑制し、神経の興奮を抑えて、正常な働きに戻す抑制系の神経伝達物質です。

GABA(ギャバ)を含む食物を摂取するとアドレナリンの分泌が抑えられ、血圧が下がり、高血圧や脳梗塞(のうこうそく)や脳内出血などの脳卒中の予防に効能が期待できます。

なお、健康食品やサプリメントとしてのにんにくを含む健康食品やサプリメントはあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ