健康食品・サプリメントの泉

流動食

大正から昭和の随筆家で小説家の内田百間(うちだひゃっけん)はある時トイレに入って退屈のあまり壁のシミを眺めていました。

すると、内田百間にはトイレの壁のシミがいろいろな動物や怪物に見えてきました。

その上、内田百間は次第に神ってきて、トイレの壁のシミは自分が見たいと思うものの姿を現してくれるようになりました。

何ですか、その妄想力は。

ほとんど狂人の域ですね。

内田百間は精神的にも相当タフな人物のようですね。

内田百間といえば、夏目漱石(なつめそうせき)の門下生として有名です。

師の夏目漱石は胃潰瘍(いかいよう)で苦しんで亡くなりましたが、内田百間は胃潰瘍とは無縁だったでしょうね。

内田百間は夏目漱石が流動食を摂っている横で、天ぷらそばをうまそうに食べてたりして。

流動食とは

流動食(りゅうどうしょく)は乳児や大人の栄養失調などの重体疾患にかかっている方のための食事です。

家庭での流動食は牛乳や果汁、重湯(おもゆ)、卵、スープなどでつくられます。

また、流動食は乳児の離乳食や消化器などの疾患を患っている大人にも治療用の食事としてつくられます。

流動食の問題点

家庭での流動食はエネルギー源としては少なすぎることが多いので、濃厚流動食と一緒に摂取することが望ましいといえます。

また、や腸などの消化器の回復の観点から、食物繊維を含んだ軟菜食も一緒に摂取することが望まれます。

病院の流動食

病院では医療用の液体流動食や経腸栄養剤が提供されています。

医療用の流動食は栄養価や成分を調整してパック化されていますので、摂取状況を管理しやすくなっています。

流動食のまとめ

流動食(りゅうどうしょく)は乳児や大人の栄養失調などの重体疾患にかかっている方のための食事です。

家庭での流動食は牛乳や果汁、重湯(おもゆ)、卵、スープなどでつくられます。

家庭での流動食はエネルギー源としては少なすぎることが多いので、濃厚流動食と一緒に摂取することが望ましいといえます。

また、胃や腸などの消化器の回復の観点から、食物繊維を含んだ軟菜食も一緒に摂取することが望まれます。

なお、健康食品やサプリメントとしてのにんにくはあくまでも、健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ