健康食品・サプリメントの泉

塩麴(しおこうじ)

明治から昭和のフランス文学者、吉江喬松(よしえたかまつ)のフランス文学の講義をある学生が聴講していました。

その学生は吉江喬松の講義に聴き取れなかったところがあったので隣の学生にそっと尋ねました。

すると、これを聞きとがめた怖い先生は「私の日本語の講義がわからないようで外国文学がわかるか」といいました。

うわー、怖いですね。

こんな先生は学生の傷口に塩を塗るようなことを平気でするのでしょうね。

現在なら、塩ではなく、塩麴(しおこうじ)を傷口に塗り込んだりして。

塩麴(しおこうじ)とは

塩麴(しおこうじ)は米麴(こめこうじ)と塩、水を混ぜて2週間ほど発酵させた調味料です。

塩麴(しおこうじ)とはミソや醤油(しょうゆ)と同じ発酵調味料の1つになり、用途の多い万能調味料として人気がある調味料です。

塩麴(しおこうじ)は塩と同様に炒め物や和え物の調味料として使います。

また、野菜を漬け込んで漬け物にするほか、肉、魚に塗り込んで塩麴(しおこうじ)漬けにもします。

塩麴(しおこうじ)の効能

塩麴(しおこうじ)は米麴(こめこうじ)と塩、水を混ぜて発酵させていますので、アミノ酸や乳酸菌を多く含んでいます。

塩麴(しおこうじ)はアミノ酸や乳酸菌による健康増進の効能が期待できます。

また、塩麴(しおこうじ)は老化防止(アンチエイジング)の効能も期待できる調味料です。

ただし、塩麴(しおこうじ)にはその製造上、塩分がどうしても含まれますので、塩分の摂り過ぎは高血圧につながりますから注意が必要です。

塩麴(しおこうじ)のつくり方

塩麴(しおこうじ)は簡単に家庭でも手づくりができるということで人気があります。

塩麴(しおこうじ)のつくり方は一般的には次のようです。

  1. 麴(こうじ)100gと塩35gを混ぜ、麴(こうじ)を密閉できるタッパーに水に浸かるくらいまで入れます。
  2. タッパーを常温または冷蔵庫の中にいれて麴(こうじ)を10日〜2週間ほど発酵させますが、常温の場合1日1回は必ずかき混ぜます。
  3. 麴(こうじ)が水を吸って頭をだすような場合は水を加えて麴(こうじ)の頭が水に隠れるくらいまで水を追加します。
  4. 水を追加したときは必ずかき混ぜるようにすることと、お湯は注ぎ足さないでください。
  5. 麴(こうじ)にはデンプンタンパク質を分解する酵素が多く含まれていて、60℃以上の温度にすると酵素が変性して働かなくなっていまいます。
  6. 日数が経過するほどに米粒が溶けてきてトロトロになってきて、色はアメ色みを増していきます。
  7. 麴(こうじ)の香りが強くなっていき、味は塩味に加えて日が経つほどに酸味が増していきます。
  8. 10日から2週間ほどで使用できるようになりますが、保存期間は冷蔵庫内で約半年が目安です。
  9. ミソと同じで、塩の量がそれなりに入っていれば長期保存が可能ですが、塩分を少なくするとカビが生えやすくなり、保存が難しくなります。
  10. 塩麴(しおこうじ)は塩の量には十分注意しましょう。麴(こうじ)の35%程度が目安です。
  11. 塩の量があまり多すぎると今度は塩麴(しおこうじ)がしょっぱくなりすぎて食べられなくなってしまうほか、高血圧の原因になります。

塩麴(しおこうじ)のまとめ

塩麴(しおこうじ)は米麴(こめこうじ)と塩、水を混ぜて2週間ほど発酵させた調味料です。

塩麴(しおこうじ)とはミソや醤油(しょうゆ)と同じ発酵調味料の1つになり、用途の多い万能調味料として人気がある調味料です。

塩麴(しおこうじ)は塩と同様に炒め物や和え物の調味料として使います。

また、野菜を漬け込んで漬け物にするほか、肉、魚に塗り込んで塩麴(しおこうじ)漬けにもします。

塩麴(しおこうじ)は米麴(こめこうじ)と塩、水を混ぜて発酵させていますので、アミノ酸や乳酸菌を多く含んでいます。

塩麴(しおこうじ)はアミノ酸や乳酸菌による健康増進の効能が期待できます。

また、塩麴(しおこうじ)は老化防止(アンチエイジング)の効能も期待できる調味料です。

ただし、塩麴(しおこうじ)にはその製造上、塩分がどうしても含まれますので、塩分の摂り過ぎは高血圧につながりますから注意が必要です。

なお、健康食品やサプリメントとしてのにんにくを含む健康食品やサプリメントはあくまでも健康食品であって、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ