健康食品・サプリメントの泉

システイン

アーネスト・ヘミングウェイは「老人と海」「誰がために鐘は鳴る」などを書いて1954年にノーベル文学賞を受賞したアメリカの小説家です。

たびたびの従軍、スポーツ好き、たくましいヒゲなど、一見ヘミングウェイはタフな男のようですが、彼はじつは繊細な男でした。

ヘミングウェイのたくましいヒゲは彼の皮膚が繊細で、カミソリをあてることができないので、やむを得ず伸ばしていたのです。

人間は見かけによらないものですね。

ヘミングウェイはシステインが足りなかったのでしょう。

でも、ヘミングウェイは葉巻をブカブカ吸いますし、酒を飲みながら戦闘していましたから、見かけ通りのような気もしますが…。

システインとは

システインは皮膚や毛髪ツメなどのケラチンというタンパク質に多く含まれるシスチンというアミノ酸を構成するアミノ酸です。

シスチンはコラーゲンを生成し、強い抗酸化力や代謝を助ける作用があります。

システインは唐辛子(とうがらし)、豆類、にんにく、タマネギ、ブロッコリー、芽キャベツ、いわし、オート麦、小麦胚芽などにも多く含まれています。

システインは硫黄と化合したアミノ酸で、体内では必須アミノ酸のメチオニンと非必須アミノ酸のセリンから肝臓でつくられます。

システインの働き

システインには皮膚などの代謝に関与する酵素を活性化させる働きがあります。

システインにはシミ、ソバカスのもとになるメラニンをつくる働きを抑制するほか、抗酸化作用により生活習慣病の予防やガンの予防の働きがあります。

また、アルコールからできるアセトアルデヒドなどの毒素を積極的に排出して肝臓やを保護する働きもあります。

システインの用途

システインのおもな用途は香料の製造です。メイラード反応でシステインと糖を酸化させると肉の香りを持つ成分ができます。

システインはパンを焼くときの添加剤としても使われるほか、毛髪のケラチンのジスルフィド結合を切断することを利用して、パーマをあてるときにも使われます。

また、システインの誘導体のN-アセチルシステインはサプリメントなどの鎮咳剤(ちんがいざい)、つまり咳を鎮める薬剤としても使われます。

これは痰(たん)の粘液の中のジスルフィド結合を切断して粘りをなくし、痰を切れやすくするためです。

システインのまとめ

システインは皮膚や毛髪、ツメなどのケラチンというタンパク質に多く含まれるシスチンというアミノ酸を構成するアミノ酸です。

シスチンはコラーゲンを生成し、強い抗酸化力や代謝を助ける作用があります。

システインは唐辛子(とうがらし)、豆類、にんにく、タマネギ、ブロッコリー、芽キャベツ、いわし、オート麦、小麦胚芽などにも多く含まれています。

システインは硫黄と化合したアミノ酸で、体内では必須アミノ酸のメチオニンと非必須アミノ酸のセリンから肝臓でつくられます。

システインには皮膚などの代謝に関与する酵素を活性化させる働きがあります。

システインにはシミ、ソバカスのもとになるメラニンをつくる働きを抑制するほか、抗酸化作用により生活習慣病の予防やガンの予防の働きがあります。

また、アルコールからできるアセトアルデヒドなどの毒素を積極的に排出して肝臓や脳を保護する働きもあります。

なお、健康食品やサプリメントとしてのにんにくを含む健康食品やサプリメントはあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ