健康食品・サプリメントの泉

ペルオキシダーゼ

20世紀のフランスの詩人フランシス・カルコは酔いつぶれて2日2晩寝ました。

そして、目がさめると片耳が痛かったのです。

カルコが手をやってみると片耳に紙切れが突っ込んでありました。

その紙切れにはある女友達の手で

「他の女が盗るといけないので、お金は取っておきました。取りにおいでになれば、すぐにお渡しします」

と書いてありました。

ははあ、耳の痛い話ですね。本当のの方と、女癖の方ですね。

フランシス・カルコはタフですね。

体内に発生した活性酸素を除去するスーパーオキシドディスムターゼ(SOD)やペルオキシダーゼが相当活躍していたようですね。

ペルオキシダーゼとは

ペルオキシダーゼは体内に生じる過酸化水素を分解し、できた酸素を無害な水に変えるほか、アスコルビン酸、フェノール類などの受容体に渡すヘムタンパク酵素の一種です。

ペルオキシダーゼは細胞顆粒のペルオキシソーム中にあって、多くの植物に含まれ、動物も白血球や乳汁の中に含んでいます。

ペルオキシダーゼの働き

植物に含まれるペルオキシダーゼはセイヨウワサビにとくに多量に含まれ、昔から研究されています。

植物に含まれるペルオキシダーゼは植物のウイルスや細菌の感染防御に関係していると考えられています。

一方、人間の体内でも甲状腺には甲状腺ペルオキシダーゼがあり、アミノ酸チロシンの生成に関係しています。

また、乳汁にはラクトペルオキシダーゼがあり、肝臓心臓赤血球にはグルタチオンペルオキシダーゼがあります。

グルタチオンペルオキシダーゼは細胞内のミトコンドリアスーパーオキシドディスムターゼ(SOD)が活性酸素から変換した過酸化水素を無害な水に変換する触媒として働きます。

ミトコンドリア

ミトコンドリアは糸粒体(しりゅうたい)とも呼ばれ、真核細胞内にあって、おもにエネルギー産生に関係する、棒状または粒上の細胞小器官のことです。

ミトコンドリアは独自のゲノムDNAを持つことから細胞に取り込まれた原始真性細菌が共生したものと考えられています。

ミトコンドリアは細胞内で酸素とブドウ糖から二酸化炭素と水をつくり、必要なエネルギーをATP(アデノシン三リン酸)として取りだしています。

ペルオキシダーゼのまとめ

ペルオキシダーゼは体内に生じる過酸化水素を分解し、できた酸素を無害な水に変えるほか、アスコルビン酸、フェノール類などの受容体に渡すヘムタンパク酵素の一種です。

ペルオキシダーゼは細胞顆粒のペルオキシソーム中にあって、多くの植物に含まれ、動物も白血球や乳汁の中に含んでいます。

人間の体内でも甲状腺には甲状腺ペルオキシダーゼがあり、アミノ酸のチロシンの生成に関係しています。

また、乳汁にはラクトペルオキシダーゼがあり、肝臓や心臓、赤血球にはグルタチオンペルオキシダーゼがあります。

グルタチオンペルオキシダーゼは細胞内のミトコンドリアでスーパーオキシドディスムターゼ(SOD)が活性酸素から変換した過酸化水素を無害な水に変換する触媒として働きます。

なお、健康食品やサプリメントとしての酵素を含む健康食品やサプリメントはあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ