健康食品・サプリメントの泉

フラボノイド

「細雪」「蓼食ふ虫」などを書いた明治から昭和の小説家、谷崎潤一郎(たにざきじゅんいちろう)は晩年、高血圧で健康が必ずしもすぐれませんでした。

しかし、谷崎潤一郎はそれを結構楽しんでいました。

あるとき、安倍能成(あべよししげ)はあるジャーナリストに「君、谷崎君のとこに行ったら、お元気ですねっていっちゃダメだよ。機嫌が悪くなるから……」といいました。

あのころの小説家など物書きは皆、不健康だったので、不健康であればあるほどよく売れているとみなされていました。

要するに、健康であれば偉大な小説家に見えないのですね。

それと健康であることはまた別なのですがね。

谷崎潤一郎もフラボノイドをたくさん摂取していれば、高血圧に悩まされることがなかったのでは?

フラボノイドとは

フラボノイドはポリフェノールのわけ方の1つで、植物に含まれている色素、苦味、辛味成分です。

フラボノイドはその種類によって働きがちがいますが、ポリフェノールですので、多くは強力な抗酸化作用があります。

ポリフェノールは光合成によってできる植物の色素や苦味の成分で、植物の細胞の生成、活性化などを補助する働きを持っています。

フラボノイドを豊富に含んでいる食品にはチョコレート、ココア、緑茶紅茶ワイン、柑橘類のジャバラなどがあります。

フラボノイドの種類

おもなフラボノイドには次のようなものがあります。

  1. アントシアニン
    • アントシアニンは青紫色の天然色素です。
    • ブルーベリーやナス、紫芋(むらさきいも)などの植物が紫外線ウイルスなどを防ぐために実などに蓄える成分です。
    • アントシアニンは抗酸化力が強く、人間が摂取するとの働きを高める、目の疲れを改善する、眼病を予防する効能などがあることが昔から知られていて、サプリメントなどにも利用されています。
    • アントシアニンの期待される効能としては、視覚機能を改善する、眼病予防、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の予防、花粉症の予防などがあります。
  2. ルチン
    • ルチンはビタミンPとも呼ばれる水溶性のビタミン様物質でフラボノイドのポリフェノールです。
    • ルチンは柑橘類、ソバ、ナス、アスパラガス、ホウレン草、クコ、イチジクなどの植物に多く含まれています。
    • ルチンは摂取するとビタミンCを安定させ、ビタミンCの優れた抗酸化作用を補助する役割を持っています。
    • ルチンは毛細血管の血管壁を強化し、栄養分や酸素血管に出入りする機能を調整する働きがあります。
    • また、ルチンは血流の改善作用により、血栓を防ぎ、狭心症心筋梗塞(しんきんこうそく)などの虚血性心疾患の予防、脳梗塞(のうこうそく)、脳内出血などの脳卒中の予防、動脈硬化の予防、高血圧の予防など生活習慣病の予防に効能が期待できます。
    • その他、ルチンはアレルギー症の予防、皮膚などの老化防止(アンチエイジング)、風邪の予防、ガンの予防などに効能が期待できます。
  3. カテキン
    • カテキンはお茶に含まれる渋味の成分です。
    • お茶にはカフェインとならんでカテキンが含まれています。
    • カテキンは茶葉の水分を除いた重さの約20%を占めています。
    • カテキンはタンニンという成分の名前で呼ばれることもありますが、カテキンはタンニンの一部です。
    • タンニンはカテキンの他の成分も含めた渋味の成分のことです。
    • カテキンは脂肪蓄積、高血圧、動脈硬化の予防、コレステロール血糖値を調整し、糖尿病の予防、老化防止(アンチエイジング)、抗ガン、虫歯予防、口臭の消臭、インフルエンザの予防などさまざまな効能が期待される成分です。
  4. イソフラボン
    • イソフラボンは植物性色素成分フラボノイドで、大豆、葛(くず)などのマメ科の植物に多く含まれているポリフェノールです。
    • イソフラボンは豆腐納豆、ミソなどの大豆製品に豊富に含まれています。
    • イソフラボンは人間が摂取すると、体内で女性ホルモンエストロゲンに似た作用を呈し、植物エストロゲンとも呼ばれています。
    • イソフラボンはエストロゲン様の活性を持っていますので、乳ガンのリスクを下げ、子宮ガンのリスクを増やすと考えられています。
    • イソフラボンの摂取量が多いほど女性の乳ガンや脳梗塞と心筋梗塞、男性の前立腺ガンのリスクの低下の効能が期待できます。
    • また、イソフラボンは更年期障害や2型糖尿病の改善に効能があるといわれ、骨粗しょう症にも効能が期待できます。
    • しかし、イソフラボンには甲状腺へのヨウ素の取込みを阻害する作用があります。
    • ヨウ素欠乏状態で大豆製品をたくさん食べるなどイソフラボンを大量摂取すると甲状腺肥大をもたらす可能性があります。
    • ふつうの日本の食事では海苔やワカメ、コンブなどの海藻類にヨウ素が含まれているほか、寒天も原料がテングサなどの海藻ですのでヨウ素欠乏状態の心配はないでしょう。
  5. ケルセチン
    • ケルセチンもビタミンPとも呼ばれていて、フラボノール類に分類されるフラボノイドの一種です。
    • ケルセチンはタマネギ、緑茶、リンゴの皮などに多く含まれている黄褐色の色素成分であり、熱に強い性質を持っています。
    • ケルセチンは抗酸化作用や、アレルギー症状を抑制する作用などを持っています。

フラボノイドのまとめ

フラボノイドはポリフェノールのわけ方の1つで、植物に含まれている色素、苦味、辛味成分です。

フラボノイドはその種類によって働きがちがいますが、ポリフェノールですので、多くは強力な抗酸化作用があります。

フラボノイドを豊富に含んでいる食品にはチョコレート、ココア、緑茶、紅茶、ワイン、柑橘類のジャバラなどがあります。

おもなフラボノイドには、アントシアニン、ルチン、カテキン、イソフラボン、ケルセチンなどがあります。

フラボノイドはその抗酸化作用により、高血圧、動脈硬化の予防など生活習慣病の予防などの効能が期待できます。

なお、健康食品やサプリメントとしての酵素はあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ