健康食品・サプリメントの泉

ルテイン

ある人が「あなたは運命というものを信じますか?」と20世紀のフランスの詩人ジャン・コクトーに尋ねました。

するとコクトーは「もちろんですよ。運命を信じなければ、嫌いないやらしい奴が成功するのを説明できないじゃありませんか」と答えました。

皮肉っていますね。

でも、コクトー自身が嫌いないやらしい奴だとは考えないのでしょうか?

コクトーはルテインが不足して加齢黄斑変性症にかかり、自分の姿がよく見えなかったりして。

ルテインとは

ルテインは植物の緑の葉の中にカロテンとともに多量に存在し、緑黄色野菜のホウレン草やケール、ブロッコリー、アスパラガス、柑橘類の実の皮、ソバなどに多く含まれるビタミン様のカロテノイドの一種でキサントフィルという黄色色素成分です。

キサントフィルは光合成では葉緑素、カロテンに並んで重要な色素です。

ルテインは植物以外では卵黄や動物脂肪、カナリアの羽毛、黄体で見られ、強力な抗酸化作用を持っています。

ルテインは植物や動物の体内では紫外線や青色光を吸収して活性酸素の発生を防止する作用があります。

ルテインの作用

ルテインは人間の体内にも重要なカロテノイドとして存在しています。

ルテインは食物から摂取されるとそのほとんどが網膜水晶体に蓄積されます。

目の網膜と水晶体に蓄積されたルテインは活性酸素の発生原因となる紫外線や可視光線のうち青白色の部分を吸収して網膜や水晶体を酸化や老化から守っています。

ルテインは加齢による老化や紫外線を浴びることやタバコを吸うことで少しずつ消費されて減っていきます。

ルテインは体内では生成することができませんので、毎日の食事によって継続的に摂取することが大切です。

ルテインの効能

ルテインはその強力な抗酸化作用により、抗炎症、血流改善、花粉症などに効能が期待できます。

そのほか、ルテインは非感染性前立腺炎、変形性関節症、老化防止(アンチエイジング)にも効能が期待できます。

また、ルテインは健康な黄斑と網膜のための大切な要因である黄斑色素濃度を高める作用もあります。

ルテインの抗酸化作用は加齢黄斑変性症のリスクを軽減すると考えられています。

加齢黄斑変性症は目の黄斑の異常により、ものがゆがんで見え、視野の中心部が欠けてしまう眼疾患です。

加齢黄斑変性症は初期段階で抗酸化作用のあるビタミンミネラルを摂取することで進行を遅らせることや予防できることがわかってきました。

ルテインは目の網膜にある抗酸化物質であるため、加齢黄斑変性症の進行や予防に対する影響が大きいと考えられています。

実際にルテインが不足すると加齢黄斑変性症にかかるリスクが高まり、ルテインを十分に補うことでリスクが軽減することが報告されています。

ルテインのまとめ

ルテインは植物の緑の葉の中にカロテンとともに多量に存在し、緑黄色野菜のホウレン草やケール、ブロッコリー、アスパラガス、柑橘類の実の皮、ソバなどに多く含まれるビタミン様のカロテノイドの一種でキサントフィルという黄色色素成分です。

キサントフィルは光合成では葉緑素、カロテンに並んで重要な色素です。

ルテインは植物以外では卵黄や動物脂肪、カナリアの羽毛、黄体で見られ、強力な抗酸化作用を持っています。

ルテインは植物や動物の体内では紫外線や青色光を吸収して活性酸素の発生を防止する作用があります。

ルテインは食物から摂取されるとそのほとんどが目の網膜と水晶体に蓄積されます。

目の網膜と水晶体に蓄積されたルテインは活性酸素の発生原因となる紫外線や可視光線のうち青白色の部分を吸収して網膜や水晶体を酸化や老化から守っています。

ルテインはその強力な抗酸化作用により、抗炎症、血流改善、花粉症などに効能が期待でき、非感染性前立腺炎、変形性関節症、老化防止(アンチエイジング)にも効能が期待できます。

また、ルテインは健康な黄斑と網膜のための大切な要因である黄斑色素濃度を高める作用もあります。

ルテインの抗酸化作用は加齢黄斑変性症のリスクを軽減すると考えられています。

なお、健康食品やサプリメントとしての酵素はあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ