健康食品・サプリメントの泉

トリプシン

第2次世界大戦中のソビエトのクレムリンで開かれた晩餐会で、1人のアメリカ海軍将校がスターリンにくってかかりました。

「貴国は共同作戦に必要な情報すら連合国に提供してくれない」

すると、スターリンはにっこりとして彼に近づき

「私は思っていることをずけずけという人間が好きだ」

この2人は似たもの同士なのですね。

スターリンも思っていることをずけずけという人間なのでしょう。

よくいえば、正直、悪くいえば単純ということでしょうか。

しかし、こんな人間が権力者であると、周りは怖かったでしょうね。

消化不良を起こしたかも。

トリプシンといえども、タンパク質の消化ができなかったでしょうか。

トリプシンとは

トリプシンタンパク質を消化・分解する消化酵素プロテアーゼの一種です。

トリプシンは膵臓(すいぞう)から分泌される膵液(すいえき)の中に含まれています。

トリプシンの働き

食物から摂取されたタンパク質は胃液に含まれるタンパク質消化酵素のペプシンにより、プロテオースやペプトンに消化・分解されます。

そして、胃液のペプシンによりプロテオースやペプトンに消化・分解されたタンパク質はさらに膵臓(すいぞう)から分泌されるトリプシンにより、十二指腸小腸でポリペプチドに消化・分解されます。

このポリペプチドはさらにカルボキシペプチダーゼ、アミノペプチダーゼ、ジペプチダーゼなどの酵素の働きによって、アミノ酸に消化・分解されて、小腸から体内に吸収されることになります。

トリプシンの活性化

トリプシンは膵臓(すいぞう)より分泌されますが、膵臓(すいぞう)でつくられるトリプシンは活性のないトリプシノーゲンというトリプシンの前駆体です。

トリプシノーゲンは膵液(すいえき)に含まれて十二指腸に分泌され、腸液中のエンテロキナーゼという酵素によって活性化されてトリプシンに変化します。

活性化されたトリプシンもまたトリプシノーゲンに作用してトリプシンにする働きもあります。

トリプシンのまとめ

トリプシンはタンパク質を消化・分解する消化酵素プロテアーゼの一種で、膵臓(すいぞう)から分泌される膵液(すいえき)の中に含まれています。

トリプシンは腸内でタンパク質やタンパク質の分解産物であるプロテオースやペプトンに働き、ポリペプチドに加水分解します。

このポリペプチドはさらにカルボキシペプチダーゼ、アミノペプチダーゼ、ジペプチダーゼなどの酵素の働きによって、アミノ酸に消化・分解されて、小腸から体内に吸収されることになります。

トリプシンは膵臓(すいぞう)より分泌されますが、膵臓(すいぞう)でつくられる酵素は、活性のないトリプシノーゲンというトリプシンの前駆体です。

トリプシノーゲンは膵液(すいえき)に含まれて十二指腸に分泌され、腸液中のエンテロキナーゼという酵素によって活性化されてトリプシンになります。

また、活性化されたトリプシンもまたトリプシノーゲンに作用してトリプシンにする働きもあります。

なお、健康食品やサプリメントとしての酵素はあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ