健康食品・サプリメントの泉

糖質

「楢山節考」で売りだした昭和の小説家でギタリストの深沢七郎(ふかざわしちろう)の第2作「東北の神武たち」の評判が良くありませんでした。

なぐさめようとすると、深沢七郎はケロッとしていて「これでもとっこになるでしょう。けなされたんで弟たちがしんみりしちゃってね。今あたしがなぐさめているんです」

弟たちは動じているのに、深沢七郎は動じないのですね。

本尊不惑というところでしょうか。

深沢七郎が動じないということはしっかり食べているのでしょう。

とくに三大栄養素の糖質、タンパク質脂質をしっかり摂取しているのでは?

糖質とは

糖質(とうしつ)は炭水化物の一部分をなす栄養素で、多糖類、少糖類、二糖類、単糖類、糖アルコール類に分類されます。

多糖類はデンプングリコーゲン、セルロースなどがあります。

少糖類はガラクトオリゴ糖などのオリゴ糖、二糖類は麦芽糖、ショ糖、乳糖など、単糖類はブドウ糖果糖などになります。

糖アルコール類にはグリセリンキシリトール、人工甘味料のソルビトールなどがあります。

なお、三大栄養素とは糖質、タンパク質、脂質を指します。

三大栄養素の糖質は炭水化物といい換えられることもありますが、炭水化物には食物繊維が含まれるため、糖質が正しいいい方になります。

糖質の働き

糖質は身体のおもなエネルギー源であり、脂質やタンパク質とくらべるとすぐすばやく使えます。

このため、有酸素運動には筋肉でも遅筋で脂質が使われますが、無酸素運動には速筋で糖質が使われることになります。

糖質の使われなかった余剰分は肝臓中性脂肪に変換されますので、糖質を摂りすぎると肥満生活習慣病の原因となります。

炭水化物とは

炭水化物とは炭素と水が結合した化学式で表せる化合物のことで、含水炭素とも呼ばれています。

炭水化物の多くは天然にはセルロースやデンプンなどの多糖類として存在しています。

つまり、炭水化物は食物繊維と糖質の2つから構成されています。

炭水化物は植物においては葉緑体の葉緑素を触媒として二酸化炭素、水、光エネルギーから光合成によって合成されます。

炭水化物は植物ではセルロースなどの構成成分やデンプンなどのエネルギー源として重要な化合物です。

また、人間を含む動物はセルロースやデンプンなどの炭水化物を食物繊維やエネルギー源として利用するほか、グリコーゲンとして筋肉などに貯蔵しています。

糖質のまとめ

糖質(とうしつ)は炭水化物の一部分をなす栄養素で、多糖類、少糖類、二糖類、単糖類、糖アルコール類に分類されます。

多糖類はデンプン、グリコーゲン、セルロースなどがあります。

少糖類はガラクトオリゴ糖などのオリゴ糖、二糖類は麦芽糖、ショ糖、乳糖など、単糖類はブドウ糖や果糖などになります。

糖アルコール類にはグリセリンやキシリトール、人工甘味料のソルビトールなどがあります。

糖質は身体のおもなエネルギー源であり、脂質やタンパク質とくらべるとすぐすばやく使えます。

このため、有酸素運動には筋肉でも遅筋で脂質が使われますが、無酸素運動には速筋で糖質が使われることになります。

糖質の使われなかった余剰分は肝臓で中性脂肪に変換されますので、糖質を摂りすぎると肥満や生活習慣病の原因となります。

なお、三大栄養素とは糖質、タンパク質、脂質を指します。

三大栄養素の糖質は炭水化物といい換えられることもありますが、炭水化物には食物繊維が含まれるため、糖質が正しいいい方になります。

なお、健康食品やサプリメントとしての酵素はあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ