健康食品・サプリメントの泉

毛髪

「秋の歌」で有名な19世紀のフランスの詩人ポール・ヴェルレーヌも親友の画家のカザルスも2人とも鼻がみにくい顔でした。

ある日ヴェルレーヌはカザルスと鼻屋を探し当て、「立派な鼻を2つ」と注文しました。

すると、鼻屋に「あいにく品切れでございますが、御髪(おぐし)の方はいかがで」といわれた夢を見ました。

ヴェルレーヌもカザルスも毛髪も薄かったのでした。

類は友を呼ぶですか。

似たような習性や姿格好をしていると自然とそういう人間が集まってくるのですね。

でも、毛髪は女性だけではなく男性も若いころからきちんと手入れをしていると、いつまでも毛髪のハリやツヤを若々しく保つことができます。

毛髪とは

毛髪(もうはつ)は髪の毛ともいわれ、硬ケラチンとよばれる硫黄を含む繊維性タンパク質を主成分とする頭に生える体毛です。

毛髪の色や形は人種や個人によってかなりちがってきますので、人種を分類するうえで重要な要素となっています。

とくに毛髪の色はメラニンの量や気泡状に取り込まれた空気の量で人種や個人によってかなりちがってきます。

たとえば、日本人などの黒い毛ではメラニンの量の多少で分類するだけですが、白人などは気泡状に取り込まれた空気の量でも30種ほどに分類できます。

毛髪の構造

毛髪はキューティクルと呼ばれる毛表皮、コルテックスと呼ばれる毛皮質、メデュラと呼ばれる毛髄質の3層で構成されています。

よく聞くキューティクルは硬ケラチンの膜でできていて、毛髪の内部を守る働きをします。

キューティクル、コルテックスの2層の80〜90%はケラチンからできていて、メデュラはケラチンでできていません。

ケラチン以外の成分はメラニン、脂質、水分、硫黄などの微量元素です。

ケラチンの特徴は物理的にも化学的にも強靭であることで、ふつうのタンパク質とは異なり、腐敗しにくく、いろいろな化学薬品に対しても抵抗力があります。

つまり、毛髪はそう簡単に損傷を受けることはありません。

とくに毛表皮のキューティクルは硬ケラチンからなっていて、紫外線や熱などから毛髪を保護しています。

毛髪とホルモン

毛髪はホルモンと関係があり、男性・女性とも男性ホルモン女性ホルモンの両方が分泌されていますが、頭の上部は女性ホルモンの影響を受けて生え、下部は男性ホルモンの影響を受けて生えています。

男性の場合、前頭部や頭頂部がハゲても下部の毛髪は残っているのはその部分が男性ホルモンで生える毛髪だからなのです。

毛髪は3〜4か月の休止期、2〜6年の成長期、2週間の退行期のサイクルを繰り返します。

女性ホルモンであるエストロゲンは成長期を伸長する作用があります。

女性ホルモンが多いと毛髪が成長し続け、長く伸びます。

また、毛髪の成長期が長いので生えている毛髪の本数が多くなります。

男性ホルモンのテストステロンは一部が脱毛ホルモン、ジヒドロテストステロンに変換され、ジヒドロテストステロンは前頭部、頭頂部の毛髪の発毛を抑制します。

毛髪の発毛が抑制されますので、生えている毛髪の本数が当然少なくなります。

したがって、薄毛になり、最終的にはハゲてしまうことになります。

また、加齢で毛髪のハリやツヤが悪くなる、抜け毛が増えて薄毛になるのは女性ホルモンの減少が原因で、女性ホルモンの減少は抜け毛や薄毛、髪質低下に大きく影響します。

つまり、毛髪のハリやツヤをよくする、抜け毛、薄毛やハゲを予防するには毛髪の外側のケアだけではなく、ケラチンというタンパク質の材料となる必須アミノ酸や硫黄などのミネラルを摂取することも必要です。

それだけでなく、ホルモンのバランスを考えながら女性ホルモンか女性ホルモンに代わるホルモンを増やさなければなりません。

女性ホルモンに代わるホルモンとしては大豆などに含まれるイソフラボンが考えられます。

豆腐や豆乳、納豆などの大豆製品を摂取することが毛髪のハリやツヤをよくする、抜け毛、薄毛やハゲを予防する効能が期待できます。

ところで、唐辛子(とうがらし)に含まれるカプサイシンは血行促進させる効能や毛乳頭を刺激し、毛髪をつくりだす毛母細胞の働きを活発化させる作用があります。

そのため、カプサイシンを適量、長期間摂取すると、ハゲの予防や増毛につながる効能が期待できます。

また、カプサイシンと大豆製品などに含まれるイソフラボンは相性がよく、一緒に摂取するとさらに育毛に効能が期待できます。

しかし、カプサイシンを適量ではなく、大量に摂取すると、大量の汗と皮脂が分泌されます。

毛穴が皮脂などの汚れによって詰まると毛髪に栄養が行き渡らなくなり、薄毛になる可能性が高くなります。

カプサイシンによらずとも、とにかく、汗をかいたら頭皮ケアを欠かさず行うようにすると、より毛髪の生成にも効能が期待できます。

カプサイシンは血行を促進し、毛乳頭を刺激して毛母細胞の増殖を促し、育毛を促進しますが、イソフラボンは毛母細胞をさらに活性化するIGF-1という成分を分泌させるといわれています。

カプサイシンとイソフラボンを一緒に摂取すれば効率的に育毛が促進されることが期待できます。

なお、育毛に効能が期待できるカプサイシンの摂取量は1日当たり一味唐辛子で小さじ2杯分の6㎎でイソフラボンは豆腐半丁といわれています。

毛髪のまとめ

毛髪(もうはつ)は髪の毛ともいわれ、硬ケラチンとよばれる硫黄を含む繊維性タンパク質を主成分とする頭に生える体毛です。

毛髪の色や形は人種や個人によってかなりちがってきますので、人種を分類するうえで重要な要素となっています。

毛髪はキューティクルと呼ばれる毛表皮、コルテックスと呼ばれる毛皮質、メデュラと呼ばれる毛髄質の3層で構成されています。

よく聞くキューティクルは硬ケラチンの膜でできていて、毛髪の内部を守る働きをします。

キューティクル、コルテックスの2層の80〜90%はケラチンからできていて、メデュラはケラチンでできていません。

ケラチン以外の成分はメラニン色素、脂質、水分、硫黄などの微量元素です。

ケラチンの特徴は物理的にも化学的にも強靭であることで、ふつうのタンパク質とは異なり、腐敗しにくく、いろいろな化学薬品に対しても抵抗力があります。

つまり、毛髪はそう簡単に損傷を受けることはありません。

とくに毛表皮のキューティクルは硬ケラチンからなっていて、紫外線や熱などから毛髪を保護しています。

毛髪は3〜4か月の休止期、2〜6年の成長期、2週間の退行期のサイクルを繰り返します。

女性ホルモンであるエストロゲンは成長期を伸長する作用があります。

女性ホルモンが多いと毛髪が成長し続け、長く伸びます。また、毛髪の成長期が長いので生えている毛髪の本数が多くなります。

男性ホルモンのテストステロンは一部が脱毛ホルモン、ジヒドロテストステロンに変換され、ジヒドロテストステロンは前頭部、頭頂部の毛髪の発毛を抑制します。

また、加齢で毛髪のハリやツヤ、抜け毛が増えて薄毛になるのは女性ホルモンの減少が原因で、女性ホルモンの減少は抜け毛や薄毛、髪質低下に大きく影響します。

つまり、毛髪のハリやツヤをよくする、抜け毛、薄毛やハゲを予防するには毛髪の外側のケアだけではなく、ケラチンというタンパク質の材料となる必須アミノ酸や硫黄などのミネラルを摂取することも必要です。

また、それだけでなく、ホルモンのバランスを考えながら女性ホルモンか女性ホルモンに代わるホルモンを増やさなければなりません。

女性ホルモンに代わるホルモンとしては大豆などに含まれるイソフラボンが考えられます。

豆腐や豆乳、納豆などの大豆製品を摂取することが毛髪のハリやツヤをよくする、抜け毛、薄毛やハゲを予防する効能が期待できます。

なお、唐辛子(とうがらし)に含まれるカプサイシンは血行促進させる効能や毛乳頭を刺激し、毛髪をつくりだす毛母細胞の働きを活発化させる作用があります。

そのため、カプサイシンを適量、長期間摂取すると、ハゲの予防や増毛につながる効能が期待できます。

また、カプサイシンと大豆製品などに含まれるイソフラボンは相性がよく、一緒に摂取するとさらに育毛に効能が期待できます。

しかし、カプサイシンを適量ではなく、大量に摂取すると、大量の汗と皮脂が分泌されます。

毛穴が皮脂などの汚れによって詰まると毛髪に栄養が行き渡らなくなり、薄毛になる可能性が高くなります。

カプサイシンによらずとも、とにかく、汗をかいたら頭皮ケアを欠かさず行うようにすると、より毛髪の生成にも効能が期待できます。

カプサイシンは血行を促進し、毛乳頭を刺激して毛母細胞の増殖を促し、育毛を促進しますが、イソフラボンは毛母細胞をさらに活性化するIGF-1という成分を分泌させるといわれています。

カプサイシンとイソフラボンを一緒に摂取すれば効率的に育毛が促進されることが期待できます。

育毛に効能が期待できるカプサイシンの摂取量は1日当たり一味唐辛子で小さじ2杯分の6㎎でイソフラボンは豆腐半丁といわれています。

なお、健康食品やサプリメントとしての酵素はあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ