健康食品・サプリメントの泉

迷走神経

「美しき諍い女」などを書いたフランスの小説家オノレ・ド・バルザックは1845年ごろ金もないのにやたらに骨董品(こっとうひん)を買いあさりました。

彼はそれらの骨董品で大儲けできるつもりでした。

彼の豊かな想像力でそれらの骨董品が素晴らしく思えたのです。

しかし、それらの骨董品の大半は偽物で、彼の死後、二束三文でやっと売れました。

バルザックは小説家だから想像力があるのでしょうね。

私の外祖父、つまり母方の祖父は壺などの骨董品のほか、レコードなども買いあさり、家の中はそうした品物で置き場もない状態でした。

それで、祖父の死後、私の叔父と叔母がそれらを売り払いましたが、大半はやはり偽物だったそうです。

つまり、二束三文でやっと売れたそうです。

骨董品は想像力よりは目利きの方が物をいいますね。

私の外祖父は目利きができなかった上に、迷走神経よろしく想像力が迷走したのでした。

迷走神経とは

迷走神経(めいそうしんけい)は第10脳神経とも呼ばれる、の延髄からでている末梢神経(まっしょうしんけい)です。

迷走神経は延髄からでて、咽頭、喉頭、食道上部の運動神経や内分泌腺の分泌神経のほか、頭部や頸部、胸部、腹部のすべての内臓に分布しています。

迷走神経は脳神経の中ではもっとも大きく分布していて、自律神経の交感神経とも混じり、多数に枝わかれして複雑な経路を走っています。

迷走神経は脳の延髄からでて、腹部まで延々と伸びているところから、迷走神経と名づけられています。

迷走神経の働き

迷走神経は頭部から腹部にいたるすべての内臓の知覚、運動および内分泌腺の分泌を支配しています。

迷走神経の大部分は自律神経の副交感神経で、内臓などの筋肉平滑筋の運動や内分泌腺のホルモンなどの分泌機能を調節しています。

そのほか、迷走神経は食欲の調節や消化液の分泌の調節など食物と身体の関係にも深くかかわっています。

自律神経

自律神経は、心臓などの循環器や、や腸、肝臓などの消化器、などの呼吸器、皮膚などの器官などの活動を調整するために、1日中ずっと働き続けている神経です。

自律神経は自分ではコントロールできませんし、自動的に働くので自律神経と名づけられています。

実際の自律神経や迷走神経のコントロールは視床下部で行われ、視床下部からの命令で延髄がその指令をだしていることになります。

自律神経は身体の活動時や昼間に活発になる交感神経と、安静時や夜に活発になる副交感神経があり、必要に応じて自動的に切り替わって働くようになっています。

迷走神経のまとめ

迷走神経(めいそうしんけい)は第10脳神経とも呼ばれる、脳の延髄からでている末梢神経(まっしょうしんけい)です。

迷走神経は延髄からでて、咽頭、喉頭、食道上部の運動神経や内分泌腺の分泌神経のほか、頭部や頸部、胸部、腹部のすべての内臓に分布しています。

迷走神経は頭部から腹部にいたるすべての内臓の知覚、運動および内分泌腺の分泌を支配しています。

迷走神経の大部分は自律神経の副交感神経で、内臓などの筋肉、平滑筋の運動や内分泌腺のホルモンなどの分泌機能を調節しています。

そのほか、迷走神経は食欲の調節や消化液の分泌の調節など食物と身体の関係にも深くかかわっています。

なお、健康食品やサプリメントとしての酵素を含む健康食品やサプリメントはあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ