健康食品・サプリメントの泉

視床下部

古代ギリシャの哲学者クラテスが「俺のような者と結婚するのはやめろ」というのに、ヒッパルキアという女が押し掛け女房になりました。

そのうえ、彼女は哲学者風の粗衣を着て、夫の仲間たちと哲学論議をするのでした。

たまりませんね。

視床下部には性行動を起こさせるという働きもありますが、この場合、ヒッパルキアはクラテスを性の対象として見ているのではありませんね。

ヒッパルキアは単に哲学者ごっこをしたかっただけなのでしょうか。

視床下部とは

視床下部(ししょうかぶ)はの間脳(かんのう)の一部で、視床の下側にあり、脳下垂体(のうかすいたい)につながっている部分です。

脳にはコレステロールが多い白質とコレステロールが少ない灰白質がありますが、視床下部はおもに灰白質からなっています。

視床下部はたくさんの神経細胞から構成され、大脳皮質のほか、視床や脊髄(せきずい)などと神経線維でつながっています。

視床下部の働き

視床下部自律神経系の最高中枢であり、体温調節・物質代謝の調節・睡眠・生殖など、生命維持にもっとも重要な統御機能を持っている組織です。

視床下部はホルモンを分泌して脳下垂体ホルモンの分泌をコントロールしています。

視床下部は脳下垂体前葉(のうかすいたいぜんよう)とは血管で、脳下垂体後葉(のうかすいたいこうよう)とは神経の軸索でつながり、脳下垂体前葉、脳下垂体後葉に刺激ホルモンを分泌しています。

視床下部は脳下垂体刺激ホルモンによって、自律神経系を支配し、摂食行動や性行動、体温調節・睡眠など、生命維持にもっとも重要な統御を行っています。

脳下垂体

脳下垂体は脳に接して脳の直下、視床下部の下にあり、脳の一部がぶら下がっているように見えることから脳下垂体の名前があります。

脳下垂体は視床下部の下にあり、前葉、中葉、後葉の3つの部分からなっています。

脳下垂体は視床下部の指令を受けながらいろいろな内分泌腺を刺激するホルモンを分泌しています。

たとえば、脳下垂体前葉からは成長ホルモン甲状腺刺激ホルモン、副腎皮質刺激ホルモンが分泌されます。

脳下垂体中葉からはメラニン形成細胞と呼ばれるメラノサイトを刺激するメラノサイト刺激ホルモン(MSH)、つまりメラノトロピンが分泌されます。

脳下垂体後葉からは抗利尿ホルモンであり血圧上昇ホルモンであるバソプレッシンが分泌されます。

視床下部のまとめ

視床下部(ししょうかぶ)は脳の間脳(かんのう)の一部で、視床の下側にあり、脳下垂体(のうかすいたい)につながっている部分です。

視床下部はたくさんの神経細胞から構成され、大脳皮質のほか、視床や脊髄(せきずい)などと神経線維でつながっています。

視床下部は自律神経系の最高中枢であり、体温調節・物質代謝の調節・睡眠・生殖など、生命維持にもっとも重要な統御機能を持っている組織です。

視床下部はホルモンを分泌して脳下垂体ホルモンの分泌をコントロールしています。

視床下部は脳下垂体前葉(のうかすいたぜんよう)とは血管で、脳下垂体後葉(のうかすいたいこうよう)とは神経の軸索でつながり、脳下垂体前葉、脳下垂体後葉に刺激ホルモンを分泌しています。

視床下部は脳下垂体刺激ホルモンによって、自律神経系を支配し、摂食行動や性行動、体温調節・睡眠など、生命維持にもっとも重要な統御を行っています。

なお、健康食品やサプリメントとしての消臭サプリメントはあくまでも、健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ