健康食品・サプリメントの泉

優性遺伝

早稲田大学の創立者、大隈重信(おおくましげのぶ)は少年時代怠け者でしたが、いとこの杉本行蔵(すぎもとこうぞう)はたいへんな勉強家でした。

ところが大隈重信と杉本行蔵が議論すると、たいていは大隈重信の方が勝ちました。

そして大隈重信は「いくら本を読んだって、要領をつかまなくてはだめだ」といいました。

確かにそうですが、読まないより読んだ方がいいことはまちがいありません。

知識は力です。

しかし、そういう要領をつかむというのは遺伝するのでしょうか?

性格が遺伝するのですから要領をつかむことが遺伝するというのはありえますね。

優性遺伝とは

優性遺伝とは19世紀のオーストリアの修道士のメンデルが発見した遺伝法則の1つの優性の法則を満たす遺伝の伝わり方です。

遺伝子には親の形質の現れやすい優性遺伝子と現れにくい劣性遺伝子があります。

優性遺伝は優性遺伝子と劣性遺伝子が親から子に伝わったとき、優性遺伝子の形質が表現型として現れることをいいます。

劣性遺伝子は子の代では表現型としては現れないことがありますが、その場合でも孫の代では4分の1の割合で表現型として現れます。

遺伝子とは

遺伝子の本体はデオキシリボ核酸(deoxyribonucleic acid)を略した名前、DNAで呼ばれ、細胞の核の中にある核酸の一種です。

DNA上には、生物の身体の構築や生命活動に必要なタンパク質などをつくるための設計図がたくさん書かれています。

この設計図の部分を遺伝子といいます。

遺伝子は遺伝形質を規定する因子であり、親から子へと遺伝する、あるいは細胞から細胞へと伝えられる形質、つまり性質を決定します。

体質、性格、顔つきなど親から子へ伝わりますが、腋臭(わきが)など遺伝子によるいろいろな障害や疾患も親から子どもに遺伝子の変異として伝わります。

メンデルの法則

グレゴール・ヨハン・メンデルは19世紀のオーストリアの修道士で修道院の庭でエンドウ豆の交配実験を行って遺伝の法則を発見しました。

メンデルの法則は優性と劣性の対になる形式のものを交配すると

  1. 優性の法則
    雑種第1代(子の代)では優性形質が表面に現れ、劣性形質は表面にでてこない。
  2. 分離の法則
    雑種第2代(孫の代)では優性・劣性の形質を持つものの割合が3対1に分離して現われる。
  3. 独立の法則
    優性、劣性の異なる形質が2つ以上あってもそれぞれ独立に遺伝する。

というものです。

このメンデルの法則は1865年の発表当時は無視され、メンデルの死後、1900年になって論文の整理とともに再発見されて評価されています。

優勢遺伝のまとめ

優性遺伝とは19世紀のオーストリアの修道士のメンデルが発見した遺伝法則の1つの優性の法則を満たす遺伝の伝わり方です。

優性遺伝は優性遺伝子と劣性遺伝子が親から子に伝わったとき、優性遺伝子の形質が表現型として現れることをいいます。

劣性遺伝子は子の代では表現型としては現れないことがありますが、その場合でも孫の代では4分の1の割合で表現型として現れます。

なお、健康食品やサプリメントとしての消臭サプリメントはあくまでも、健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ