健康食品・サプリメントの泉

アポクリン腺

「三銃士」や「モンテ・クリスト伯(巌窟王)」を書いた19世紀のフランスの小説家アレクサンドル・デュマは書きっぱなしで自作は読んだこともありませんでした。

しかし、死の直前に息子にすすめられて自作を次々に読みました。

そして「モンテ・クリスト伯」を途中まで読んだとき、「残念だ。結末がどうなるか読み終えないうちに俺は死にそうだ」と嘆いたそうです。

自分が書いたのに皮肉なものですね。

作者であっても読者となれば別ということでしょうか。

書いたものを読み返すなど自分で自分の環境をつくっていればこんなことにはならなかったでしょうね。

ところで、アポクリン腺の数や機能は生まれつきであって、後から変えることはできませんが、手入れをするなどの環境を変えることで汗の発生と臭いの対策はできます。

アポクリン腺とは

アポクリン腺は皮膚、乳房、瞼(まぶた)、などにある外分泌腺の一種です。

乳房のアポクリン腺は乳輪中にあって、母乳中に脂肪滴を分泌し、耳にあるものは耳垢(じこう)の形成を行います。

アポクリン腺の量は、遺伝の影響もありますが人種や個人によって差があり、アポクリン腺の役割は、エクリン腺のような体温の調節ではなく、体臭の原因となる臭いのある物質をつくりだすことにあります。

ほかのほ乳類ではアポクリン腺が全身にあることが多く、その臭いで個体の認識や仲間同士の確認をし、異性をひきつけるフェロモンのような役割もアポクリン腺がしています。

人間は進化の過程で体毛が退化し、体毛の代わりとして寒さをしのぎ体温を調節するために衣服を着こみました。

また、発汗をして体温を下げ、暑さをしのぐためにエクリン腺が進化しました。

体毛の退化とエクリン腺の進化のために、アポクリン腺が退化し、現代人のアポクリン腺は腋や性器の周辺などの局部にしか存在しないのだと考えられています。

アポクリン腺の発達

アポクリン腺は、腋の下やヘソの周り、耳の外耳道、乳首の乳輪、性器、肛門の周りなど身体の一部に分布していて、毛包に開口し、毛穴と出口を共有しています。

アポクリン腺は成長にともない大きさが変化して、男女ともに二次性徴期を迎えるころに大きくなり、年をとると小さくなります。

アポクリン腺からはタンパク質脂質糖質アンモニアピルビン酸、色素リポフスチン、鉄分などを含んだやや粘り気のある汗が分泌されます。

アポクリン腺の汗は塩分をほとんど含まないため、皮膚などの常在菌のコリネバクテリウム属の細菌が繁殖しやすく、その発酵臭が独特な臭いとなり腋臭(わきが)となります。

アポクリン腺の臭いの対策

アポクリン腺からでる汗も身体からでたときはほとんど無臭です。

しかし汗がでるとすぐに細菌がこの汗によって繁殖し始め、臭いが発生します。

入浴して石けんでしっかり洗った直後、腋臭(わきが)も1時間程度はほとんど臭わないのではないかと思います。

そのまま裸でいるとあまり臭くなりませんが、衣類を着用すると汗を吸い取るのは衣類ですので、吸い取った汗を栄養に細菌が衣類に繁殖します。

腋臭(わきが)をケアするのであれば腋の下や乳首、デリケートゾーンの周りのエクリン腺の発汗を抑えましょう。

要するにふつうの汗をかかないようにするわけですね。

エクリン腺からの汗は量が多いために、アポクリン腺の汗とエクリン腺の汗が混じって腋臭(わきが)がひどくなります。

そして、ミョウバン水などの抗菌剤を腋の下や乳首、デリケートゾーンに塗布するなどして細菌の増殖を抑えます。

汗を吸った衣類もマメに着替えるなどの衣類の臭いのケアをしなければなりません。

アポクリン腺のまとめ

アポクリン腺は皮膚、乳房、瞼(まぶた)、耳などにある外分泌腺の一種です。

乳房のアポクリン腺は乳輪中にあって、母乳中に脂肪滴を分泌し、耳にあるものは耳垢(じこう)の形成を行います。

アポクリン腺の量は、遺伝の影響もありますが人種や個人によって差があり、アポクリン腺の役割は、エクリン腺のような体温の調節ではなく、体臭の原因となる臭いのある物質をつくりだすことにあります。

アポクリン腺からはタンパク質、脂質、糖質、アンモニア、ピルビン酸、色素リポフスチン、鉄分などを含んだやや粘り気のある汗が分泌されます。

アポクリン腺の汗は塩分をほとんど含まないため、皮膚などの常在菌のコリネバクテリウム属の菌が繁殖しやすく、その発酵臭が独特な臭いとなり腋臭(わきが)となります。

アポクリン腺からでる汗も身体からでたときはほとんど無臭です。

しかし汗がでるとすぐに細菌がこの汗によって繁殖し始め、臭いが発生します。

入浴して石けんでしっかり洗った直後、腋臭(わきが)も1時間程度はほとんど臭わないのではないかと思います。

そのまま裸でいるとあまり臭くなりませんが、衣類を着用すると汗を吸い取るのは衣類ですので、吸い取った汗を栄養に細菌が衣類に繁殖します。

腋臭(わきが)をケアするのであれば腋の下や乳首、デリケートゾーンの周りのエクリン腺の発汗を抑えましょう。

要するにふつうの汗をかかないようにするわけですね。エクリン腺からの汗は量が多いために、アポクリン腺の汗とエクリン腺の汗が混じって腋臭(わきが)がひどくなります。

そして、ミョウバン水などの抗菌剤を腋の下や乳首、デリケートゾーンに塗布するなどして細菌の増殖を抑えます。

汗を吸った衣類もマメに着替えるなどの衣類の臭いのケアをしなければなりません。

なお、健康食品やサプリメントとしての消臭サプリメントはあくまでも、健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ