健康食品・サプリメントの泉

加齢臭

フランスの詩人・小説家のアナトール・フランスは20世紀初めにノーベル文学賞を受賞しました。

そのアナトール・フランスにある記者が「文学的天才とは何ですか? 名文家ですか? 努力家ですか? それとも創造家ですか?」と尋ねました。

すると、アナトール・フランスは「みんなちがいます」と答えました。

その記者は「では天才はどうして決まるのですか?」とさらに尋ねました。

アナトール・フランスは「なに流行と習慣が決めてくれるのですよ」と答えたそうです。

つまり、天才とは世間の流行と習慣が決めてくれるものだということですか?

創造力などの才能がなくても世間が認めれば天才になるのですか?

努力しなくても本か日記でも書く習慣があれば天才になるのですね。

でも、加齢臭については世間の流行と習慣が決めてくれるということはありません。

世間で流行ろうが本人の習慣であろうが現実に加齢臭はあります。

そして、努力すれば、加齢臭はちゃんと気にならない程度に抑えることはできます。

加齢臭とは

加齢臭は40代以降の男性や女性にみられる特有の体臭のことで、高齢者の体臭の原因の1つでもあります。

加齢臭の体臭成分はノネナールという成分で青臭さと油臭さをあわせもった臭いがしますが、熟成したビールとソバの重要な芳香成分でもあります。

加齢臭は男性だけではなく女性にもあります。

ノネナールはもともと臭いや体臭に敏感な女性向けの商品開発の研究の結果発見された成分の1つです。

加齢臭のノネナールは男性がおもに40代以降、女性では閉経後に増加傾向が見られます。

同じような気になる体臭に腋臭(わきが)がありますが、加齢臭と腋臭(わきが)は関係ありません。

加齢臭の増加

加齢とともにノネナールが増加し、身体からロウソク・チーズ・古本のような臭いがするようになります。

それ以外にも加齢とともに酒を飲むことが多くなりますが、酒を飲むことによって加齢臭がさらに増えることになります。

つまり、ノネナールはアルデヒド類であるため、酒を飲んだあとに体内のアルコールから分解・生成されるアセトアルデヒドもノネナールの原料になるからです。

タバコを吸う方の場合、タバコを吸わない方にくらべて加齢臭が強くなる傾向がありますが、このメカニズムについてはまだ解明されていません。

しかし、口臭についてはタバコを吸う方の方がきついことは間違いありません。

一般的に男性は汗や皮脂などの老廃物の分泌が女性に比べて多く、体臭も男性の方が女性よりも強いものとなります。

ホルモンは加齢臭においても関係し、男性ホルモンが皮脂腺の発達を促し、脂肪酸のもとになる皮脂が大量に分泌されるため強い加齢臭を放つようになります。

加齢臭の成分のノネナールを減らすためにはノネナールの発生のもととなるアルコール類、フェノール類、アルデヒド類、脂肪酸を減らすことが大切です。

加齢臭のノネナールを抑えるには

などである程度抑えることができます。

世の中には無臭の人間はいませんので、加齢臭のような体臭を完全に消臭することはできないでしょう。

しかし、加齢臭対策をすることによって加齢臭の臭いを減らすことができ、他人の目線が気にならなくすることはできます。

まずは、酒、タバコなどの生活習慣の改善、身体を清潔にする、発汗や皮脂の増加を抑える機能性香料を使うなどの対策を身近なところから始めてみてはいかかでしょう。

ボディーソープ、ボディーシャンプー、消臭剤や消臭サプリメントを使うことも加齢臭をやわらげる方法の1つです。

また、ボディーソープを使うことは腋臭(わきが)対策にも有効です。

ノネナール以外の加齢臭成分

20代後半から30代の男性特有の臭いはノネナール臭とは異なる、ペラルゴン酸を原因とする加齢にともなう臭いです。

ペラルゴン酸を原因とする加齢にともなう臭いはおもに30代から増加します。

ペラルゴン酸は使い古した食用油に似た不快な臭いを持つ油状の液体で天然にも存在します。

ペラルゴン酸はお茶、トウモロコシ、柑橘類、ホップなどの食品に含まれていますが、除草剤として農薬にも使われています。

また、30〜40代の男性に見られる独自の体臭の成分はジアセチルという加齢臭のノネナールともペラルゴン酸とも異なる成分です。

そのため、加齢臭ではなくおやじ臭などと呼ばれる場合があります。

30〜40代の男性の悪臭はジアセチルが頭周辺に多く生成されていることにより臭います。

ジアセチルは酢の120倍にもなる強い臭気を持った成分です。

ジアセチルは酵母菌や乳酸菌などの微生物による発酵の際に生成するほか、コーヒーなどの原料の加熱処理の際に炭水化物の分解によって生じる成分です。

ジアセチルは強いバターやチーズみたいな臭いがあり、低濃度では蒸れたような臭いがします。

ジアセチルは発酵バターや一部のチーズなど乳酸菌発酵により製造される乳製品には不可欠の香りです。

しかし、火落ちという乳酸菌汚染による清酒の醸造の際のジアセチル臭は火落ち香と呼ばれています。

火落ち香は酒類などアルコール発酵により製造される飲食品では好ましくない臭いとされています。

加齢臭のまとめ

加齢臭は40代以降の男性や女性にみられる特有の体臭のことです。

加齢臭の体臭成分はノネナールという成分で青臭さと油臭さをあわせもった臭いがしますが、熟成したビールとソバの重要な芳香成分でもあります。

加齢臭の成分のノネナールを減らすためにはノネナールの発生のもととなるアルコール類、フェノール類、アルデヒド類、脂肪酸を減らすことが大切です。

加齢臭のノネナールを抑えるには

などである程度抑えることができます。

世の中には無臭の人間はいませんので、加齢臭のような体臭を完全に消臭することはできないでしょう。

しかし、加齢臭対策をすることによって加齢臭の臭いを減らすことができ、他人の目線が気にならなくすることはできます。

まずは、酒、タバコなどの生活習慣の改善、身体を清潔にする、発汗や皮脂の増加を抑える機能性香料を使うなどの対策を身近なところから始めてみてはいかかでしょう。

ボディーソープ、ボディーシャンプー、消臭剤や消臭サプリメントを使うことも加齢臭をやわらげる方法の1つです。

また、ボディーソープを使うことは腋臭(わきが)対策にも有効です。

なお、健康食品やサプリメントとしての消臭サプリメントはあくまでも、健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ