健康食品・サプリメントの泉

DHA(ドコサヘキサエン酸)

19世紀のアメリカの思想家で哲学者のラルフ・ワルド・エマーソンはイギリスに旅をして大発見をしました。

それはイギリス人が賭け好きなために、細かいことを正確に知っているということでした。

イギリス人は、たとえば、ミシシッピ川とミズーリ川とどちらがどれだけ長いかが話題になれば、すぐ賭けを始めます。

そして、イギリス人の方がアメリカ人よりも正確に知っているので、いつも賭けに勝つのでした。

なるほどね。

でも、イギリス人が細かいことを正確に知っているのはイギリス人が賭け好きなだけのためではないのでしょう。

イギリスは島国で、北海から多くの青魚を漁獲できますから、DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)などを豊富に摂取できるというのも理由の1つではないでしょうか。

DHA(ドコサヘキサエン酸)とは

DHA(ドコサヘキサエン酸)はサバなどの青魚に多く含まれている不飽和脂肪酸で、6個の二重結合をもつ多価不飽和脂肪酸です。

DHA(ドコサヘキサエン酸)は体内ではEPA(エイコサペンタエン酸)からつくられます。

一方、EPA(エイコサペンタエン酸)も不飽和脂肪酸の一種で、DHA(ドコサヘキサエン酸)と同じく多価不飽和脂肪酸です。

EPA(エイコサペンタエン酸)は体内でα(アルファ)-リノレン酸から合成できますが、α-リノレン酸は体内で合成できませんので、EPA(エイコサペンタエン酸)は広義では必須脂肪酸に含まれます。

DHA(ドコサヘキサエン酸)もEPA(エイコサペンタエン酸)もマグロ、ブリ、カツオ、サバなどの青魚、海苔などに多く含まれています。

DHA(ドコサヘキサエン酸)の働き

DHA(ドコサヘキサエン酸)はEPA(エイコサペンタエン酸)と同様、血圧や血中脂質濃度を低下させる働きがあります。

DHA(ドコサヘキサエン酸)は神経細胞の機能に重要な働きをするため、頭の働きをよくする効能が期待できます。

そのため、DHA(ドコサヘキサエン酸)はアルツハイマー型認知症に対する効能も期待できます。

そのほか、DHA(ドコサヘキサエン酸)は血流を改善する効能、視力を回復する効能、アレルギーを予防する効能、精神を安定させる効能などが期待できます。

脂肪酸

脂肪酸はその化学的構造の炭素の二重結合のあるなしによって大きく2つに分類でき、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分類されます。

炭素の二重結合がないのが飽和脂肪酸、二重結合があれば不飽和脂肪酸になります。

飽和脂肪酸はウシやブタなどの肉類やバターなど乳製品に多く含まれている脂肪酸です。

パルチミン酸、ステアリン酸、ミリスチン酸、ラウリン酸などの飽和脂肪酸は融点が低く、血液中のコレステロール値を上げ、脂肪細胞にたまりやすいといわれています。

これに対して、不飽和脂肪酸はイワシ、サバなどの青身魚や、オリーブ油、サラダ油などの植物性脂肪に多く含まれています。

オレイン酸、α-リノレン酸、DHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)、リノール酸など不飽和脂肪酸にはコレステロール胆汁への排出を促進して、血中のコレステロールを下げる効能が期待できます。

DHA(ドコサヘキサエン酸)のまとめ

DHA(ドコサヘキサエン酸)はサバなどの青魚に多く含まれている不飽和脂肪酸で、6個の二重結合をもつ多価不飽和脂肪酸です。

DHA(ドコサヘキサエン酸)はEPA(エイコサペンタエン酸)と同様、血圧や血中脂質濃度を低下させる働きがあります。

DHA(ドコサヘキサエン酸)は脳の神経細胞の機能に重要な働きをするため、頭の働きをよくする効能が期待できます。

そのため、DHA(ドコサヘキサエン酸)はアルツハイマー型認知症に対する効能も期待できます。

そのほか、DHA(ドコサヘキサエン酸)は血流を改善する効能、視力を回復する効能、アレルギーを予防する効能、精神を安定させる効能などが期待できます。

なお、健康食品やサプリメントとしての消臭サプリメントはあくまでも、健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ