健康食品・サプリメントの泉

詩人や小説家の輩出した19世紀のアメリカ文学の黄金時代でも小説家たちの生活は苦しく、みんな生計の資金は他から得ていました。

たとえば、エマソンは牧師、ホーソンは税官吏、メルヴィルは船員、ホームズは医者、ロングフェローは教師、ローウェルは書店の番頭でした。

つまり、小説家業はあくまでもアルバイトだったのですね。

現代の日本でも芥川賞や直木賞などの文学の登竜門を通ってプロになるまでは会社員や教師をしている方がたくさんいます。

その場合は会社員や教師が副業なのですね。

苦節20年や30年はざらですが、苦節であって屈折ではありませんよね。

屈折だと別の意味になるような。

まあ、目の角膜や水晶体の屈折とはまったく関係がありませんが。

目とは

(め)は眼とも書き、太陽光などの自然光やLED光などの人工光を受けて視覚を生じさせるための感覚器官です。

目は光を受けて、光の色や明るさなどの情報を網膜の視神経によってに伝える働きをしています。

それに対しては風や雷などの自然の音や音楽などの人工の音を受けて聴覚を生じさせるための感覚器官です。

耳は音をうけて、音の高さや音の大きさなどの情報を耳の奥の蝸牛(かぎゅう)にある聴神経によって脳に伝える働きをしています。

目と耳はいずれも外部の情報を神経で脳に伝える大切な働きをしていますが、目からの情報量は耳からの情報量よりもはるかに多くなっています。

さらに、情報を伝える時間も目の方が短く、百聞は一見に如かずのたとえがあるように、目からの情報の速度の方が速くなっています。

目のしくみ

の仕組みはカメラに似ていて、強膜(きょうまく)と脈絡膜(みゃくらくまく)がボディ、角膜水晶体がレンズ、虹彩(こうさい)は絞り、網膜はフィルムやCCDイメージセンサーにあたります。

強膜はいわゆる白目の部分で、目のもっとも外側にあり、硬い殻の役割を果たして眼球が破壊されることを防ぎ、光を遮断する働きがあります。

脈絡膜は強膜と網膜の間にある層で、血管が通り、眼球全体に栄養分を供給しています。

角膜は目のもっとも外側にあって、光を眼球内部へと屈折させて集光し、網膜で像を結ぶ手助けをしています。

また、角膜は眼球内にゴミが入るのを防ぎ、保護する役割もあります。

水晶体は目に入った光を屈折させて焦点を合わせるカメラのレンズにあたる部分です。

カメラのレンズは距離を変えることによってピントを合わせますが、水晶体は厚みを変えることで焦点調節を行っています。

おもな目の疾患

  1. 白内障(はくないしょう)
    • 白内障は目のレンズである水晶体が灰白色や茶褐色ににごり、物がかすんだりぼやけて見えたりするようになる疾患のことです。
    • 昔は白底翳(しろそこひ)といわれていました。
    • 加齢以外では先天性、糖尿病などの代謝性、風疹などの胎内感染性、外傷性、雷に打たれるなどの電撃外傷性、そのほか栄養失調などが原因で白内障を発症することがあります。
    • 現在のところ白内障の治療剤はまだ開発されていませんので、白内障をいったん発症して水晶体が白濁してしまいますともとには戻りません。
    • しかし、紫外線対策を行って老化防止(アンチエイジング)を行うことや、糖尿病などの生活習慣病の治療を行うことで、白内障の進行を遅らせることが期待できます。
    • 白内障の初期には進行を遅らせるために酸化防止剤等の薬剤、おもに点眼液を使用することもあります。
    • 最近では白濁した水晶体を除去して目の中にアクリル製のレンズを挿入する手術療法が発達してきています。
    • ちゃんと元通りに見えるようになるうえ、手術時間も10〜40分で終わり、日帰り手術が可能になり、患者への負担が飛躍的に軽減されています。
  2. 緑内障(りょくないしょう)
    • 緑内障は青底翳(あおそこひ)ともいわれる目の疾患です。
    • 緑内障は網膜神経節細胞が死滅して視野が欠けていく進行性の目の疾患です。
    • 緑内障は視神経の変形と視野欠損などの視野異常が生じ、いったん視野欠損が生じると欠損した視野の回復は難しく、最終的には失明してしまうことが多い疾患です。
    • 緑内障は眼球の中の圧力、眼圧が高いことが原因と考えられていましたが、眼圧が正常範囲であっても緑内障を発症している方が多いことから、視神経乳頭の変形や異常が原因と考えられています。
    • 眼圧の検査、隅角の検査、眼底の検査、視野の検査などを行い、治療法を決定しますが、死滅した網膜視神経の再生は難しく、iPS細胞などによる視神経再生の技術の臨床応用が待たれます。
    • それ以外には、緑内障の進行を遅らせる対症療法が行われます。
    • 具体的な対症療法には眼圧を下げるための点眼液、内服剤、点滴などの薬物療法とレーザー手術などの手術療法がありますが、現在のところ視野欠損を回復する有効な治療法はありません。
  3. 黄斑変性症(おうはんへんせいしょう)
    • 黄斑変性症は目の網膜の黄斑につくられる新しい血管が破れ、視神経に異常が起こって目が見えなくなっていく疾患です。
    • とくに加齢とともに黄斑に異常が起こる変性症を加齢黄斑変性症といい、高齢者に多い疾患です。
    • 黄斑変性症の原因は活性酸素により、黄斑につくられる新しい血管が破れ視神経にダメージを与えるためであるといわれています。
    • 治療法もレーザー光で新しい血管を焼き固める、外科手術で新しい血管を摘出するなどの手術療法がありますが、治療法として確実なものは現在のところありませんし、治療も黄斑変性症の進行を食い止める治療となります。
    • なお、加齢黄斑変性症は初期段階で抗酸化作用のあるビタミンミネラルを摂取することで進行を遅らせることや予防できることがわかってきました。
    • 緑黄色野菜のホウレン草やケール、ブロッコリー、アスパラガス、柑橘類の実の皮、ソバなどに多く含まれるポリフェノールのルテインは目の網膜にある抗酸化物質であるため、加齢黄斑変性症の進行や予防に対する影響が大きいと考えられています。
    • 実際にルテインが不足すると加齢黄斑変性症にかかるリスクが高まりルテインを十分に補うことでリスクが軽減することが報告されています。
  4. 網膜剥離(もうまくはくり)
    • 網膜剥離は網膜剥離は網膜に穴があく、網膜裂孔(もうまくれっこう)の周囲から網膜がはがれて、その部分が光を感じなくなり、視力が低下する疾患です。
    • 加齢や糖尿病網膜症などの一部の疾患や、頭部・眼球への物理的ショックが原因で起こります。
    • いったん網膜剥離が起きると、時間とともに剥離の範囲が広がります。
    • また、剥離した網膜の細胞には栄養が十分に届かないので、徐々に機能が失われていきます。
    • 網膜細胞の機能が完全に失われてしまうと失明してしまいますので、網膜裂孔など網膜の異常が確認されたら、すぐに治療をすることが大切です。
    • 治療にはレーザーで網膜を接着することや外科手術で眼球をシリコーンのひもで縫いつける、目の硝子体(しょうしたい)を取り除いた後、ガスを注入して網膜を膨らませ、接着する手術療法もあります。

目のまとめ

目(め)は眼とも書き、太陽光などの自然光やLED光などの人工光を受けて視覚を生じさせるための感覚器官です。

目は光を受けて、光の色や明るさなどの情報を網膜の視神経によって脳に伝える働きをしています。

目の仕組みはカメラに似ていて、強膜(きょうまく)と脈絡膜(みゃくらくまく)がボディ、角膜と水晶体がレンズ、虹彩(こうさい)は絞り、網膜はフィルムやCCDイメージセンサーにあたります。

目の疾患には白内障(はくないしょう)、緑内障(りょくないしょう)、黄斑変性症(おうはんへんせいしょう)、網膜剥離(もうまくはくり)などがあります。

なお、健康食品やサプリメントとしての消臭サプリメントはあくまでも、健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ