健康食品・サプリメントの泉

LPS(リポポリサッカライド)

20世紀のイギリスのアフリカ考古学の権威、ガートルード・ケイトン=トンプソン女史は、男性の学者たちが汗で目がくらみそうなときにも、きちんと服を着て、涼しそうにしていました。

背が高く白髪の女史を、現地人たちは恐ろしがって、子どもが泣くと、「ガーティおばさんを呼ぶよ!」といいました。

トンプソン女史は男性をあごでこき使っていたのですね。

そりゃあ、現地人たちが怖がるはずですね。

でも、それは男女の性差ということでは?

つまり、女性に肉体労働をさせるわけにはいきませんから、男性が動くことになりますよね。

とくに、あの当時のイギリス人は女性を大切にしますからね。

要するにレディーファーストです。

そりゃ、トンプソン女史は涼しい顔をして立っていられますよ。

ところで、LPS(リポポリサッカライド)は内毒素、つまりエンドトキシン(endotoxin)で、虫歯や歯周病、心筋梗塞(しんきんこうそく)や糖尿病の原因となります。

しかし、LPS(リポポリサッカライド)は身体の中の自然免疫力を高める効能が期待できると注目されている成分でもあります。

ということは、LPS(リポポリサッカライド)をうまく利用すると、毒素を健康成分にすることができるということですね。

さしずめ、トンプソン女史が男性をあごでこき使ったように、LPS(リポポリサッカライド)をうまくこき使うということです。

LPS(リポポリサッカライド)とは

LPS(リポポリサッカライド)はグラム陰性菌細胞壁外膜の構成成分で、脂質と多糖から構成される糖脂質です。

LPS(リポポリサッカライド)は内毒素、つまりエンドトキシン(endotoxin)で、細胞にいろいろな生理作用をもたらします。

LPS(リポポリサッカライド)の生理作用は、細胞の細胞膜表面に存在するtoll様受容体(toll-like-receptor)4、つまりTLR4を介して行われます。

LPS(リポポリサッカライド)の害

ミュータンス菌などの虫歯菌や歯周病菌はLPS(リポポリサッカライド)乳酸などの酸を出すことにより、虫歯歯周病を引き起こします。

そればかりか、歯周病菌のLPS(リポポリサッカライド)は心筋梗塞糖尿病など命に関わる疾患の原因になることもあります。

LPS(リポポリサッカライド)の効能

LPS(リポポリサッカライド)は内毒素、つまりエンドトキシン(endotoxin)ですが、身体の中の自然免疫力を高める効能が期待できると注目されている成分でもあります。

LPS(リポポリサッカライド)は体内のマクロファージ(大食細胞)を活性化し、あらゆる疾患の予防にも役立つことが最近の研究で明らかになってきました。

LPS(リポポリサッカライド)は漢方薬などに多く含まれていますが、身近な穀物などの食物からでもLPS(リポポリサッカライド)を摂取することができます。

身近な食物とはレンコン、めかぶ、玄米などです。

しかし、LPS(リポポリサッカライド)は皮の部分に多く含まれていて、精製された白米や小麦粉ではあまり効能が期待できません。

例えば、米であれば白米よりも玄米に多く含まれています。

ところで、大人1人のLPS(リポポリサッカライド)の1日推奨摂取量は500μgと言われています。

標準目安としては体重10㎏で100μgですから、体重50㎏の方なら500μgということになります。

食べ方の例としては、某番組でやっていた、組み合わせがおすすめのようです。

岩のりの佃煮5g、玄米150g、めかぶ50g、ヨーグルト180gでした。

ヨーグルトはLPS(リポポリサッカライド)の効能を増強する食材ということでした。

なお、LPS(リポポリサッカライド)は植物などに共生するグラム陰性菌のパントエア菌という細菌の細胞膜表面に付着しています。

LPS(リポポリサッカライド)は植物と共生するパントエア菌という細菌に存在しているため、多くの植物にはLPS(リポポリサッカライド)が付着しているといえます。

野菜や果実を食べることで、それらに付着したLPS(リポポリサッカライド)を摂取することができます。

ジャガイモやサツマイモなどのイモ類、ホウレン草やキャベツなどの葉物野菜、ニンジン、大根などの根菜類といったものにLPS(リポポリサッカライド)が含まれていますが、とくにレンコンの節や皮の部分にはLPS(リポポリサッカライド)が多く付着しています。

LPS(リポポリサッカライド)のまとめ

LPS(リポポリサッカライド)はグラム陰性菌細胞壁外膜の構成成分で、脂質と多糖から構成される糖脂質です。

LPS(リポポリサッカライド)は内毒素、つまりエンドトキシン(endotoxin)で、細胞にいろいろな生理作用をもたらします。

ミュータンス菌などの虫歯菌や歯周病菌はLPS(リポポリサッカライド)や乳酸などの酸をだすことにより、虫歯や歯周病を引き起こします。

そればかりか、歯周病菌のLPS(リポポリサッカライド)は心筋梗塞(しんきんこうそく)や糖尿病など命に関わる疾患の原因になることもあります。

LPS(リポポリサッカライド)は体内のマクロファージ(大食細胞)を活性化し、あらゆる疾患の予防にも役立つことが最近の研究で明らかになってきました。

LPS(リポポリサッカライド)は漢方薬などに多く含まれていますが、身近な穀物などの食物からでもLPS(リポポリサッカライド)を摂取することができます。

なお、LPS(リポポリサッカライド)は植物などに共生するグラム陰性菌のパントエア菌という細菌の細胞膜表面に付着しています。

LPS(リポポリサッカライド)は植物と共生するパントエア菌という細菌に存在しているため、多くの植物にはLPS(リポポリサッカライド)が付着しているといえます。

野菜や果実を食べることで、それらに付着したLPS(リポポリサッカライド)を摂取することができます。

ジャガイモやサツマイモなどのイモ類、ホウレン草やキャベツなどの葉物野菜、ニンジン、大根などの根菜類といったものにLPS(リポポリサッカライド)が含まれていますが、とくにレンコンの節や皮の部分にはLPS(リポポリサッカライド)が多く付着しています。

なお、健康食品やサプリメントとしての消臭サプリメントはあくまでも、健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ