健康食品・サプリメントの泉

イソフラボン

ある編集者が明治の文豪、夏目漱石(なつめそうせき)の家を訪問して夏目漱石に面会を求めました。

すると、取り次ぎに入った女中に「いないといえ」という夏目漱石の声が玄関まで聞こえました。

女中が玄関まで戻ってくると編集者が「先生の声がしたじゃないか」といいました。

すると夏目漱石が飛びだしてきて「いないからいないんだ」といいました。

本人がでてきてどうするのでしょう。

夏目漱石は締め切りに追われて気がたっていたのでしょうね。

イライラするときにはカルシウムを補給するといいそうですので、牛乳を飲みましょう。

いや、イソフラボンも含まれていて心筋梗塞(しんきんこうそく)や脳梗塞(のうこうそく)の予防にもなる豆乳を飲みましょう。

イソフラボンとは

イソフラボンは植物性色素成分フラボノイドで、大豆、葛(くず)などのマメ科の植物に多く含まれているポリフェノールです。

このポリフェノールは植物においては病原菌の感染やその他の微生物から植物体を防御するための成分です。

また、大豆は大気中の窒素を根粒で固定していますが、イソフラボンを土壌中にいる根粒菌を刺激して根粒を形成させるために使用しています。

イソフラボンは豆腐納豆、ミソなどの大豆製品に豊富に含まれています。

イソフラボンの働き

イソフラボンは人間が摂取すると、体内で女性ホルモンエストロゲンに似た作用を呈し、植物エストロゲンとも呼ばれています。

イソフラボンはエストロゲン様の活性を持っていますので、乳ガンのリスクを下げ、子宮ガンのリスクを増やすと考えられています。

イソフラボンの摂取量が多いほど女性の乳ガンや脳梗塞心筋梗塞前立腺ガンなどのガンのリスクが低下する効能が期待できます。

また、イソフラボンは更年期障害や2型糖尿病の改善、骨粗しょう症に効能が期待できます。

ある研究では尿の中に排出されるイソフラボンの多い方ほど骨密度が高いことが報告されています。

イソフラボンの副作用

イソフラボンはエストロゲン様の活性を持っていますので、子宮ガンのリスクをあげる可能性があります。

また、イソフラボンには甲状腺へのヨウ素の取込みを阻害する作用があります。

ヨウ素欠乏状態で大豆製品をたくさん食べるなどイソフラボンを大量摂取すると甲状腺肥大をもたらす可能性があります。

でも、ふつうの日本の食事では海苔やワカメ、コンブなどの海藻類にヨウ素が含まれています。

また、寒天や心太(ところてん)も原料がテングサなどの海藻ですのでヨウ素欠乏の心配はないでしょう。

イソフラボンのまとめ

イソフラボンは植物性色素成分フラボノイドで、大豆、葛(くず)などのマメ科の植物に多く含まれているポリフェノールです。

イソフラボンは豆腐、納豆、ミソなどの大豆製品に豊富に含まれています。

イソフラボンは人間が摂取すると、体内で女性ホルモンのエストロゲンに似た作用を呈し、植物エストロゲンとも呼ばれています。

イソフラボンはエストロゲン様の活性を持っていますので、乳ガンのリスクを下げ、子宮ガンのリスクを増やすと考えられています。

イソフラボンの摂取量が多いほど女性の乳ガンや脳梗塞(のうこうそく)と心筋梗塞(しんきんこうそく)、前立腺ガンのリスクが低下する効能が期待できます。

また、イソフラボンは更年期障害や2型糖尿病の改善、骨粗しょう症に効能が期待できます。

しかし、イソフラボンには甲状腺へのヨウ素の取込みを阻害する作用があります。

ヨウ素欠乏状態で大豆製品をたくさん食べるなどイソフラボンを大量摂取すると甲状腺肥大をもたらす可能性があります。

ふつうの日本の食事では海苔やワカメ、コンブなどの海藻類にヨウ素が含まれているほか、寒天も原料がテングサなどの海藻ですのでヨウ素欠乏状態の心配はないでしょう。

なお、健康食品やサプリメントとしてのコラーゲンを含む健康食品やサプリメントはあくまでも健康食品ですので医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ