健康食品・サプリメントの泉

接触皮膚炎

19世紀のドイツ・ロマン派を代表する作曲家のロベルト・シューマンは彼の曲を引いてくれる幼い少女がかわいいのでキスをしようとしました。

すると、彼女は「今はだめよ。大きくなってからね」といいました。

この少女クララ・ヴィークは後にシューマンの妻になりました。

ずいぶん、長いおあずけでしたのですね。

でも、結婚できたからよかったですね。

ところで、キスすると蕁麻疹(じんましん)がでる方がいます。

この場合、接触皮膚炎ではなく、精神的なものなのでしょうか?

接触皮膚炎とは

接触皮膚炎(せっしょくひふえん)は皮膚に接触した化学物質などの刺激やアレルギーによって生じる皮膚などの炎症です。

接触皮膚炎は接触蕁麻疹(せっしょくじんましん)も含めて一般的にかぶれと呼ばれています。

接触皮膚炎は免疫が関与するかしないかにより、アレルギー性接触皮膚炎と非アレルギー性、つまり刺激性接触皮膚炎に分類できます。

また、刺激性接触皮膚炎を刺激物が許容濃度を超えて皮膚に接触した場合に起こる急性毒性皮膚炎と弱い刺激の繰り返しで起こる慢性刺激性皮膚炎にわけることもできます。

アレルギー性接触皮膚炎はある物質にアレルギーをもつ方の皮膚にその物質が触れることによって起こる皮膚炎です。

ある物質が皮膚につくだけでは異常がないのに、その物質と皮膚に光が当たるとアレルギー反応が生じるのは光アレルギー性皮膚炎になります。

接触皮膚炎の原因と症状

急性毒性皮膚炎は酸、アルカリなどの化学物質、灯油やガソリン、有機溶剤などが原因となって発症します。

慢性刺激性皮膚炎は、肌着との摩擦や洗剤、柔軟仕上げ剤、シャンプー、トリートメントなどの弱い刺激の繰り返しが原因になることがあります。

アレルギー性接触皮膚炎は化粧品、毛染め剤、香水、アクセサリーなどの金属部、ゴムや皮の加工に使われる化学物質、植物、果実、薬剤などが原因になることがあります。

刺激性皮膚炎は刺激が少ない場合には鱗屑(りんせつ)、角質が皮膚表面からはがれ落ちることだけがみられます。

強い刺激の場合にはかゆみや痛みをともなう発赤(ほっせき)や丘疹(きゅうしん)、小さな水疱(すいほう)などが現れます。

アレルギー性接触皮膚炎は12時間後ぐらいから局所のかゆみが始まり、次第に丘疹や紅斑(こうはん)が現れます。

そして、24~48時間後には少しの腫れや水疱などがみられ、その後次第に症状が軽くなっていきます。

慢性的に接触皮膚炎を繰り返した場合、皮膚は次第に厚い紅斑になり、かき傷や瘡蓋(かさぶた)もみられるようになります。

光アレルギー性皮膚炎は原因物質が皮膚に接触して、しかも光が当たった接触部に紅斑と腫れがよくみられます。

接触皮膚炎の治療

症状が接触皮膚炎とは気づかない場合も多いので、まず、接触皮膚炎であるかどうかを判断し、原因を究明することが大切です。

皮膚科医による問診や診察が重要ですが、問診は次のようなものです。

  1. 発症の状況
    部位やかゆみ、痛みなどの自覚症状の有無、皮疹(ひしん)の症状など
  2. 症状の進行状況
    原因との接触から発症までの時間、発症と家や職場、発汗、日光、季節などの状況の関係など
  3. 軽快する状況
    週末や休日との関係、すぐ治るのか、やめると再発するのかなど治療に関係する反応、ストレスや不安との関係など
  4. 仕事や職歴
    仕事の種類や具体的内容、化学物質との接触の有無、くしゃみ、の刺激感など他の症状の有無、洗剤の種類や使用頻度、手洗いの頻度など

予想もしない物質が刺激性あるいはアレルギー性接触皮膚炎の原因になっていることがあります。

皮膚科を受診すると、症状やその部位から原因物質を推定し、続いてパッチテストで確認します。

治療の方法としては原因物質に触れないようにすることが、いちばん良い治療法です。

また、その物質が含まれていない代替製品を使用することも1つの方法です。

皮膚の炎症やかゆみを和らげるには、ステロイド外用剤の塗布(とふ)と抗ヒスタミン作用のある内服剤を投与します。

接触皮膚炎の症状が激しく、範囲が広い場合にはステロイド剤を短期間、内服します。

接触皮膚炎の治療は症状を軽くすることや治すことだけでなく、繰り返さないための注意も重要です。

それには、接触皮膚炎が起きた原因を突き止める必要があります。

接触皮膚炎は初め原因物質が触れたところだけに症状がみられますが、その物質への接触を続けていると範囲が広がって症状が全身に及ぶことがあります。

ですから、接触皮膚炎は早めに皮膚科を受診して、原因物質を確認し、早めに処置を行うことが大切です。

接触皮膚炎のまとめ

接触皮膚炎(せっしょくひふえん)は皮膚に接触した化学物質などの刺激やアレルギーによって生じる皮膚などの炎症です。

接触皮膚炎は接触蕁麻疹(せっしょくじんましん)も含めて一般的にかぶれと呼ばれています。

接触皮膚炎の治療は症状を軽くすることや治すことだけでなく、繰返さないための注意も重要です。

それには、接触皮膚炎が起きた原因を突き止める必要があります。

接触皮膚炎は初め原因物質が触れたところだけに症状がみられますが、その物質への接触を続けていると範囲が広がって症状が全身に及ぶことがあります。

ですので、接触皮膚炎は早めに皮膚科を受診して、原因物質を確認し、早めに処置を行うことが大切です。

なお、健康食品やサプリメントとしてのコラーゲンを含む健康食品やサプリメントはあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ