健康食品・サプリメントの泉

ニキビ

江戸時代の文人、大田南畝(おおたなんぽ)は狂歌師、蜀山人(しょくさんじん)としても有名です。

その蜀山人のところへ弥次喜多道中の「東海道中膝栗毛」で有名な十返舎一九(じっぺんしゃいっく)が訪ねてきました。

しかし、待たせるばかりででてきませんので、十返舎一九は怒って帰ってしまいました。

その後、蜀山人に会ったので、十返舎一九は「先日は……」と蜀山人に文句を言いました。

すると蜀山人は「せっかくのおいでだったが、手もと不如意だったので、庭の桐の木を下駄屋に売りつけていたので……」といいました。

何と気の長い話ですね。

仮にすぐに切り倒しても、庭の桐の木が下駄にできるまでどのくらいかかるでしょうね。

そういうのを泥縄式といいます。

つまり、泥棒を見て捕まえる縄をつくるという対応が遅いことのたとえです。

蜀山人は狂歌師としても、当時とても有名でしたから、来客の予想はできたはずですよ。

手もとに金品を用意して、来客をもてなす用意はすべきでしたでしょうね。

ところで、昔はニキビのできることが予想できませんでした。

ある日、突然、額や頰、口の周りにニキビができてきて思春期の青少年はオロオロしました。

そういうニキビ対策は学校でも教えてくれませんでしたが、現在ではニキビがいっぱいの青少年を見かけることは少なくなりました。

現在の青少年はオシャレになっていますから、ニキビ対策もバッチリのようですね。

ニキビとは

ニキビとは額(ひたい)やほお、口の周り、下顎(したあご)などの皮膚におもに青少年期に生じる発疹です。

ニキビは青少年期以外に生じると吹き出物といわれますが、正式な名称は尋常性痤瘡(じんじょうせいざそう)といいます。

ニキビの症状

ニキビは初期の段階から色が白、黒、赤に変化していきます。

白いニキビは毛穴に皮脂が詰まった状態で発疹が薄い皮膜で覆われています。

黒いニキビはニキビが発達していき、毛穴の皮脂が盛り上がって穴が空いて中の皮脂が酸化して黒く変色した状態です。

赤いニキビはニキビがさらに発達していき、毛穴の皮脂にアクネ菌などの雑菌が繁殖して炎症を起こした状態です。

赤いニキビは炎症を起こすと炎症性皮疹の盛り上がった皮疹の赤色丘疹(せきしょくきゅうしん)や内部に膿がつまった腫れ物である膿疱(のうほう)になります。

膿疱が破裂してしまいますと、炎症が治っても膿疱のあとが痘痕(あばた)やケロイドになって残ることがあります。

ニキビの治療

ニキビから皮膚常在菌のアクネ菌が検出されますので、毛穴が皮脂と男性ホルモンの混合物にアクネ菌などの細菌が繁殖して炎症を起こすのではないかと考えられます。

ニキビの原因はほかにも胃腸障害、内分泌障害、代謝障害、肝機能障害、精神的な要素、遺伝的な要素などが考えられていますが、今のところ原因はまだわかっていません。

ニキビの治療としては洗顔と軟膏による毛穴のつまりの軽減と炎症化の抑制、睡眠を十分とるほか、脂肪の抑制による食生活の改善による皮脂分泌の正常化があります。

しかし、洗顔については低刺激性の石けんを使用し、抗菌石けんやスクラブと呼ばれる研磨剤が入った洗顔フォームを使用しないことが大切です。

抗菌石けんやスクラブが入った洗顔フォームは皮膚の有用な常在菌を過剰に洗い流すほか、皮膚を過度に刺激してニキビを悪化させる可能性があります。

ニキビのまとめ

ニキビとは額(ひたい)やほお、口の周り、下顎(したあご)などの皮膚におもに青少年期に生じる発疹です。

ニキビは青少年期以外に生じると吹き出物といわれますが、正式な名称は尋常性痤瘡(じんじょうせいざそう)といいます。

ニキビは初期の段階から色が白、黒、赤に変化していきます。

白いニキビは毛穴に皮脂が詰まった状態で発疹が薄い皮膜で覆われています。

黒いニキビはニキビが発達していき、毛穴の皮脂が盛り上がって穴が空いて中の皮脂が酸化して黒く変色した状態です。

赤いニキビはニキビがさらに発達していき、毛穴の皮脂にアクネ菌などの雑菌が繁殖して炎症を起こした状態です。

赤いニキビは炎症を起こすと炎症性皮疹の盛り上がった皮疹の赤色丘疹(せきしょくきゅうしん)や内部に膿がつまった腫れ物である膿疱(のうほう)になります。

膿疱が破裂してしまいますと、炎症が治っても膿疱のあとが痘痕(あばた)やケロイドになって残ることがあります。

ニキビから皮膚常在菌のアクネ菌が検出されますので、毛穴が皮脂と男性ホルモンの混合物にアクネ菌などの細菌が繁殖して炎症を起こすのではないかと考えられます。

ニキビの治療としては洗顔と軟膏による毛穴のつまりの軽減と炎症化の抑制、睡眠を十分とるほか、脂肪の抑制による食生活の改善による皮脂分泌の正常化があります。

なお、健康食品やサプリメントとしてのコラーゲンを含む健康食品やサプリメントはあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ