健康食品・サプリメントの泉

アトピー性皮膚炎

大正、昭和の思想家には「三太郎の日記」などを書いた阿部次郎(あべじろう)がいます。

阿部次郎には講義をしながら、履いている草履(ぞうり)で袴(はかま)の前後をしょっちゅうこする癖がありました。

そのため、東北帝大の美学の阿部次郎の講義が終わると袴のヒダはなくなり、泥だらけになっているのでした。

しかし、次の日にはちゃんとした袴をはいているので、学生たちは「先生の奥さんはよほど良い奥さんにちがいない」といい合いました。

それはそうですね。

でも、そんな奥さんは現代ではとっくにいなくなっていますね。

スーツのズボンを汚したりすると、全部自分できれいにしないといけない世の中ですもんね。

ところで、アトピー性皮膚炎ですが、皮膚常在菌のバランスの乱れによる表皮の黄色ブドウ球菌異常増殖が原因との説があります。

なぜ、黄色ブドウ球菌が異常増殖するのか?

それは皮膚の免疫の異常ということではないでしょうか。

現代の清潔志向が黄色ブドウ球菌の対抗菌を減らしてしまったために、黄色ブドウ球菌が異常増殖した可能性があります。

要するに、何でも抗菌という極端な清潔さを求めるのではなく、適度な不潔さが必要なのではないでしょうか。

アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎は湿疹などを生じるアレルギー性の皮膚の炎症で過敏症の一種です。

アトピーはギリシャ語のアトポス、特定されていない、奇妙なという意味のことばから由来しています。

アトピー性皮膚炎はかゆみをともなう湿疹が、反復的に生じる症状が特徴です。

アトピー性皮膚炎は皮膚に関する疾患の代表的な疾患ですが、原因はわかっていません。

ただ、皮膚常在菌のバランスの乱れによる表皮の黄色ブドウ球菌異常増殖が原因となっている可能性が指摘されています。

アトピー性皮膚炎の症状

アトピー性皮膚炎は湿疹が頭から始まり、顔、体幹、手足に広がっていきます。

また、関節の内側を中心に湿疹などが発症し、の下部が裂けるような症状がでることがあります。

アトピー性皮膚炎は時間が経つと、広範囲にわたり乾いた慢性湿疹の症状になってきます。

アトピー性皮膚炎の湿疹は乾燥すると表面が白い粉を吹いたようになり、強い痒みがあります。

さらに、アトピー性皮膚炎は慢性化すると、鳥肌立ったようにザラザラしたものができ、皮膚が次第に厚くなります。

また、難治性のしこりのあるイボ状の痒疹(ようしん)ができることがあり、イボになってしまうこともあります。

アトピー性皮膚炎は頭に大量のフケがでることもよくあります。

アトピー性皮膚炎の検査と治療

アトピー性皮膚炎は血液検査によって白血球の好酸球やグロブリンなどの値をチェックします。

アトピー性皮膚炎の治療はステロイド剤、つまり副腎皮質ホルモン剤の塗布を行うことが一般的です。

ステロイド剤には弱いから最も強いまで5ランクがあって、症状に応じて使いわけされています。

ステロイド剤は皮膚萎縮、皮膚感染症の誘発、毛細血管拡張などの副作用があります。

その場合は、プロトピック軟膏、つまりタクロリムス外用剤や抗ヒスタミン剤、抗アレルギー剤などを投与します。

薬物療法としてシクロスポリンを内服します。

シクロスポリンの薬物療法については適応、使用量、使用期間などに十分注意する必要があります。

また、一般的にアトピー性皮膚炎では皮膚を清潔に保つ、室内を清潔に保ち適温・適湿の環境をつくる、刺激の少ない衣服を着用する、爪を短く切り掻きむしることによる皮膚障害を避けるなどの生活指導が有用です。

アトピー性皮膚炎のまとめ

アトピー性皮膚炎は湿疹などを生じるアレルギー性の皮膚の炎症で過敏症の一種です。

アトピー性皮膚炎はかゆみをともなう湿疹が、反復的に生じる症状が特徴です。

アトピー性皮膚炎は皮膚に関する疾患の代表的な疾患ですが、原因はわかっていません。

ただ、皮膚常在菌のバランスの乱れによる表皮の黄色ブドウ球菌異常増殖が原因となっている可能性が指摘されています。

アトピー性皮膚炎は血液検査によって白血球の好酸球やグロブリンなどの値をチェックします。

アトピー性皮膚炎の治療はステロイド剤、つまり副腎皮質ホルモン剤の塗布を行うことが一般的です。

また、一般的にアトピー性皮膚炎では皮膚を清潔に保つ、室内を清潔に保ち適温・適湿の環境をつくる、刺激の少ない衣服を着用する、爪を短く切り掻きむしることによる皮膚障害を避けるなどの生活指導が有用です。

なお、健康食品やサプリメントとしてのコラーゲンを含む健康食品やサプリメントはあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ